新たな味方の登場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

 そのときはどうすればよいか全く判らず、

わらにもすがる気持ちで佐賀自動車教習所を

尋ねました。

ここを選んだ理由は単に免許試験所から見えた

からで事前調査や問い合わせはしていません。

 ドアを開けると受付の女性と社長さんが

そこにいました。

免許失効になった事情を話して相談します。

やはり試験所の受付と同様に、あらっ~

っという感じです。

一瞬困惑した表情をされていましたが、

何とか間に合うかもということで

入校させてもえることに。

 後で分かったのですが、教習所は季節的な

商売で2月から3月末までが最もに忙しい。

この時期だけで1年の4割程度の売り上げます。

私が訪れたのは1月26日だったのですが、

本格的に忙しくなる前に必要な講習が

全て終了できるかで悩んでいたそうです。

ちなみに2月3日に私と同じく入校したい人から

問い合わせがあったそうですが断られたようです。

私と同じように失効となって訪ねてくる人が

年間50人程度いるようです。

教習所に通えなかったら今でも免許を再取得できて

いないと思うので、本当に運がよかった。

 この部分は自動車学校でも同じで、事前料金確認で

問い合わせしたときも4月以降と言われました。

もし教習所や自動車学校への入校を検討されている

場合は時期をよく選んだ方がよいと思います。

 受付で入校手続きを行って、

料金¥54,000を支払います。

そしてすぐに1回目の路上訓練をすることに。

当然、何も予備知識がなく確か曲がるときに

巻き込み目視確認があったなぁと思い出す程度。

ここで試験所での技能試験の3コース分の地図を

もらい、3コースを練習します。

 免許再取得の事前に決めていたことがあります。

元々の免許はMT車で取っていましたが、

全くMT車を運転していかったのでクラッチ操作に

不安がありました。

そこで早く再取得するためAT車限定で受験を

しょうと考えていました。

 そこでAT車を準備してもらい、

教官を助手席に載せて出発です。

以前免許取得時を思い出しながら運転しましたが、

すぐにパニック状態に落とされます。

自分なりに目視確認をしてかなり慎重に1回目の

左折を行いましたが・・・

教官:今の左折で一発アウトですよ。

私 :えっ?一発ですか?

教官:これまでの運転くせが出ています。

   悪い点を言うので直してくださいね。

  ・ハンドルを回すとき滑らさずに持ち変える

   (滑る音をならさない)

  ・右左折中はブレーキを踏まない

   (その前に十分減速する)

  ・左折は車線変更なので30m前でルーム、

   サイドミラー、巻き込み確認をして

   指示を出す。

  ・巻き込み確認中に車体がぶれている。

  ・左折時は路肩から50cm以内に車体を近づけて

   バイクを侵入させないようにする。

  ・左折時も後輪が路肩から1m以内に入る

   ように曲がる。

私 :(もうムリよ、これ・・・)

 最初の路上訓練はもうパニックと絶望しか

ありませんでしたね(苦笑)

停車するときも車体を路肩から30cmくらいまで

側に寄せるとか、そこから車を出すときに指示器を

出しますが、車体がまっすぐになってから戻すとか

もう普段の運転とは全く異なります。

しかし教官にポイントを何度も教えていただいた

お陰で何とか免許を取り返せたと思うと、

本当に心強い味方です。

 精神的にフラフラで一回目の路上訓練が終了します。

そして学科試験の問題集を受け取りました。

自宅に帰って早速、学科問題をやってみます。

   結果は見事、不合格。

 100点満点中90点以上で合格ですが全然届かず。

皆さんもご存じと思いますが、この問題いやらしい。

まず軌道敷内ってわかります?

これって路上電車がある道路で電車が走るエリアの

ことですが、実際あんまり走っていないでしょ?

それでも試験問題ではたくさんでます。

それ以外も紛らわしい表現や見慣れない標識など

間違えを誘うような問題がいくつもあります。

とりあえず免許試験のアプリを落としていつでも

勉強できるようにします。

もうここは覚えるしかありません。

 こんなことでようやく1日が終了です。

私は交代勤務で次の週は夜の出勤だったので

午前中は4日間教習所に通うことにしました。

・・・つづく

(関連記事)

  ・思わぬ不幸は突然に・・・

  ・長い戦いの始まり

  ・新たな味方の登場

  ・戦いの火ぶたは落とされた

  ・翼よ、再び

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする