長崎県 大橋制覇編 西海方面編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

 このシリーズは3部編成となってしまいましたが、

これが最後の記事です。

しかし改めて書いていると長崎ばかりだな~(笑)

でも、長崎は山も海もきれいなので自然が好きな

人にはホントにオススメですよ。 (o^∇^o)ノ

 西海市は長崎県の真ん中付近にあります。

この西海市に入るときに通るのが西海橋(下道)

新西海橋(高速道路)となります。

この大きな橋が2橋並んでいる様子はなかなか

見ごたえがあります。

%e9%95%b7%e5%b4%8e%e5%85%a8%e4%bd%93%e5%9c%b0%e5%9b%b3

281

西海橋と新西海橋

 手前の赤い橋が西海橋、奥の青い橋が新西海橋

新西海橋は橋の下に歩道があり、対岸まで渡ることが

できるようになっています。

時期によっては海にができるらしく、その様子を

その歩道から見ることができます。

273

新西海橋の歩道からの西海橋

270

新西海橋

 西海橋を渡ったところに”魚魚市場”があります。

ここでは近郊で取れた魚介類や海産物がたくさん

販売されています。

安くて新鮮な魚が買えるので是非立ち寄って

みてください。

%e9%ad%9a%e9%ad%9a%e5%b8%82%e5%a0%b4

魚魚市場

 またこちらに行った際にチャレンジしてほしいのが

UFOキャッチャーです。 オオーw(*゚o゚*)w

他ではあまり見ない商品がGETできますよ(笑)

まずはこちらのアイスクリーム

277

アイスのUFOキャッチャー

 ハーゲンダッツも入っていて100円で2回です。

なかなかお得ですよ。

しかしさらにお得なものがこちらの伊勢海老

276

伊勢海老UFOキャッチャー

 こちらは活きた伊勢海老をGETできるもので、

1回200円、3回500円です。

もしUFOキャッチャーが得意な人はかなり

お得ですよ~ \(^▽^)/

しかしエビはやっぱり逃げるんでしょうか?

 旅は続いて、次は大島に行きました。

大島は西海市の西にある島で九州本土から

橋で渡れるようになっています。

この橋が”大島大橋”です。

そしてこの旅のゴールは”ホテル咲き都”

日帰り温泉に入ることです。

特に有名な温泉ということではありませんが、

とにかく一番端っこなので目指しました。(笑)

%e5%a4%a7%e5%b3%b6%e5%9c%b0%e5%9b%b3

285

大島大橋

 この大島大橋が長崎県大橋の最後の橋となります。

ここからの景色も素晴らしく、車を途中で停めて

ゆっくり眺めていたいくらいです。

この橋を渡ったところに公園があり、そこから

橋を眺めることができます。

 この大島の特産はトマトのようですね。

ただ旅のパートナーである次男が嫌いなため

購入しませんでしたが。。。

それと大島造船所という会社がすごくでかい!

大島の町に入ると同じ作業服を着た人が8割くらい

歩いていて、この社員さんの町か?というくらい。

少し異様な風景でした。

また長崎西海トライアスロン大会も行われている

ようで街中でPRされていました。

%e8%a5%bf%e6%b5%b7%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%83%b3

長崎西海トライアスロンオフィシャルHPより

 ホテル咲き都の日帰り温泉は普通の銭湯のようで

他にお客さんがおらず貸切状態。

料金も300円ほどで安い。

ただ道中、いのししに遭遇するなどなかなかの

山の中なので夜はやめた方がいいです。

 このホテル内に写真展示があり、この崎戸が以前

炭鉱で栄えた島ということを知りました。

炭鉱といえば軍艦島が有名ですが、実はこの島は

長崎県でも最大の炭鉱で、島には当時の廃墟が

残っています。

当時、最大で2万5,000人も住んでおり、映画館や

玉屋(デパート)、遊郭までもあったそうです。

今回廃墟までは見てませんが、その後調べたところ

きれいな島とは裏腹に黒い歴史もあるようです。

「三菱崎戸炭鉱での朝鮮人強制労働」

 あまり自国の闇部分を見る機会が少なく、

知らないことが多いですが、

こういった過ちは伝えていくべきと思います。

 さて、長崎県大橋制覇編はこれで終了です。

しかし旅はいろんなことを現地で見たり、学べたり

するのでいいですね。

 子供との旅の記憶は私の大切な思い出なので、

これからも彼らが付き合ってくれる限り

車中泊旅を続けていきたいと思います。

長崎県 大橋制覇編の他の記事はこちら。

  平戸生月方面

  長崎市方面

長崎県の他の車中泊旅記事はこちら。

  雲仙温泉

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする