車中泊 in 熊本県牛深市

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

久しぶりに先日、次男と2人で熊本県牛深市

車中泊へ出掛けました。

目的は次男が大好きな大橋を見るためです。

ここにはハイヤー大橋と呼ばれるループ状の

大きな橋があります。

夜のライトアップもキレイな橋で楽しみですね。

しかし佐賀市から牛深市まで下道で約5時間。

牛深市は熊本県の中でもかなり南の方にあります。

そのため天草から牛深までが遠いこと・・・

前回は出発が遅く、またちょうどマラソン大会が

開催されていたので天草五橋を渡ったところで

引き返しました。

しかし今回は次男の気合いが違います。

朝6時に起きて準備開始。

私に急げとせかします。

普段もこれくらい早く起きてくれれば楽なんだが。

途中休憩しながら運転し、13:30頃に無事到着。

流石に最南端なので車が少ない。

まずは寝床の確保のために道の駅へ。

 「うしぶか海彩館

道の駅はその地元の特色を出して地元PRを

するのが一般的ですが、ここは何かが違う。

2階建てで面白い作りだが、何故か2階は

船をたくさん展示されています。

貴重なのでしょうが全くわかりません。

中央には大きないけすがあり、

手で触れる所を鯛がたくさん泳いでます。

何やら出勤表まであるぞ。

ただし注文が入ると連れて行かれます(笑)

このいけす、夜はすだれが上に乗せてるだけ。

誰かに持っていかかれないのかな?

目的のハイヤー大橋はこの道の駅の上にあります。

凄い!!  

大きな蛇みたいな橋ですね。

これだけ大きいと雨避けにもなりそうです。

この景色に次男も大満足。

駐車場は広く車も少ないので車中泊できます。

さて寝床も確保できたので橋を渡って海を

見に行きます。

次男が嬉しそうに私の携帯で写真を撮ってます。

そんな姿を見ると来てよかったと思います。

近くに砂月海岸という海水浴場があるので

行ってみます。

すると、この景色!

海岸にゴミもなく海がとてもキレイ。

当然、子供は遊びます。

砂と波しかないが、海岸は何故か楽しい。

ずぶ濡れになっていたので大丈夫かと聞くと、

パンツを3枚持ってきたとのこと。

さすがは車中泊に慣れている。

しかし1泊で3枚は多くないか?と思っていたら

彼はピッタリ使い切っていました。

彼なりの計算があるのでしょうね(笑)

この海岸はウミガメの産卵も見れるようです。

トイレや洗い場も完備されているので海水浴には

本当にいい場所です。

子供は砂浜で遊ぶことを好みますが、

我々大人は違います。

やはり気になるのは磯の方。

どんな生き物がいるか気になるので

すぐに岩をひっくり返して探します。

ウニやヒトデは地元の海にもたくさんいるので

あまり珍しくありません。

(食べられないヤツですけどね)

食べれる貝もたくさんいますが、

今回は漁が目的ではないのでスルーします。

しかしさすがは牛深の海!

こんな生き物がいました!!

その1 : どら焼き?

さすがに海にこいつはおかしいそ!?

ドラえもんでも絶対食べないほどの違和感。

しかし見た目は完全など焼印入りのどら焼き。

おもしろいですね~~

その2 : アワビ

こんなに簡単にいないって、これは!

地元の海でさざえはよく見かけますが、

アワビは見たことがありません。

これが普通の浅いところに数匹いました。

ここは本当に自然が豊かだなぁ~

海岸で遊んだあとは小高い山にある

うしぶか公園遊びに行きます。

ここには展望台がありそこからの牛深の海や

自然が一望できて景色が素晴らしい。

次男はこちらのすべり台がお気に入りでした。

こんな山と海のある場所は大好きです。

こんな場所に住んでみたいものです。

さてこの後は次男お待ちかねの温泉です。

牛深市にあるこちらの温泉に行ってきました。

     「やすらぎの湯

キレイでお客さんも多く、地元の方が

たくさん来られていました。

食事も出来るようですが、

私達が行った日は宿泊客が多くて

残念ながら食べれません。

そこで道の駅のにあるレストラン「あおさ」へ。

さあ、お楽しみの海の幸の登場です。

しかし次男は相変わらずとんかつ定食を頼むと

言うので説得してさしみ定食と漁師丼を注文。

おいしくいただいてきました。

牛深は昼も自然豊富で素晴らしいのですが、

実は夜もいいんです!

ハイヤー大橋がライトアップされて、

暗闇に浮かぶ光の橋のようです。

この写真は次男が撮ったお気に入りの1枚。

私より上手・・・

この橋には歩道が並走しているので、

そこを2人で手をつないで歩きます。

途中、遠くを見たいということで

背負って歩きます。

もうだいぶ重たくなってきました。

いつまでこうして彼を背負えるのか・・・

いつまでこうして一緒に歩けるのか・・・

彼らと過ごす時間はいずれ終わりを迎える

しかし終わりがある事を知ることで

今このときの愛おしさや大切さに気づく

そんな事を考えさせられる夜でした。

次の日は道の駅の周辺を探索してお土産を買います。

しかし残念な事に日曜日にも関わらず、

通り沿いにあるお店はシャッターが多い。

歩いている人も年配の方が多い気がします。

私もUターン組なので事情が少しわかります。

まずは地元の吉永製ぱん所のあんぱんを購入。

こういう物もそこでしか食べられないので、

つい買って食べたくなります。

中はこしあんで甘さ控えめでおいしい!

これは甘い物が苦手の人でもおいしくいただけます。

そして、その5分後・・・

・・・?

・・・??

さ、魚と思って買ったら鯛焼きでした(うそ)

実はこっちが本命のこっぱ餅入り鯛焼きで、

あんぱんは想定外の出会いです。

こっぱ餅も牛深の名物。

私は甘党なのでこれくらいは全然OKです。

あ、私ぽっちゃりクンではありませんので。

お土産は練り物、干物、赤巻き(地元名物)と

この時期が旬の晩柑

初めて食べましたが、グレープフルーツを

少し甘くした感じであっさりしていておいしい。

天草の名産物なのでしょうかねぇ?

他の道の駅もこの晩柑だらけでした。

留守番している家族にも牛深の味を届けて、

この旅行は終了。

牛深は本当にいい場所でした。

遠いのでなかなかいけませんが、

またいつか。

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする