長い戦いの始まり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

 免許の再取得のため免許試験所へ向かいました。

ここに来るのは当然初めて。

いつもはこの隣にある免許センターに免許更新を

するために来ていました。

両施設は近くにありますが、訪れる人には大きな

壁があります。

免許を持つ者と持たざる者です。

受付時間は8:30~9:15の間のみと短い。

市役所などの役場と違い、すでに当たりがきつい。

中に入るとあまり人はおらず、ガランとしています。

免許センターとは大違いです。

基本的に若い人が試験を受験するためにいますが、

中には私のように明らかに過去に免許を取っていると

思われる人もちらほら居ます。

何をしてここに来たのか気になります。

 手続きには以下のものを用意する必要があります。

  ・本籍に入った住民票

  ・身分証明(保険書、年金手帳等)

  ・写真2枚(縦3cm、横2.4cm)

  (これは窓口でカットしてくれます)

 まずは一般受付に行って事情を説明します。

そしてまずは免許失効手続きです。

受付の女性に6か月以上期間が経っていると話すと

「あらっ~大変」って感じで手続きをしています。

その後、適正試験(視力検査)を受けて仮免許申請に

向かいます。

仮免許書を受け取り、今後どのようにして免許を

再取得するのか説明と資料を受け取ります。

 本試験を受けるためには路上教習を5日以上

実施することが条件となります。

また免許を再取得するために3つの方法があります。

1. 自分で練習する場合

 路上教習を自分で行う方法です。

ただし当然免許がありませんので、

次の条件を満たす必要があります。

 ・運転免許を持ちその自動車の運転経験が3年以上

  ある人を助手席に同乗し指導を受ける。

 ・練習する車に「仮免許 練習中」の表示を車の

  前後に取り付ける。

 (文字の大きさや表示場所の決まりもあります)

 ・受験する車の大きさの自動車で教習する。

 ・路上教習申告書を記入して提出する。

 ただし事故を起こすと保険対象外なので要注意。

違反や事故を起こすと仮免許取り消しになります。

 

 これらを満たして路上教習が終了すれば本試験を

受験することができます。

そして無事、学科と技能を合格すると次に

以下の3つの特別教習を受ける必要があります。

 ・高速教習

 ・応急救護教習

 ・危険予測訓練

 これらは自分で行うことができないので、

教習所や自動車学校で受講料を払って受講します。

これらの受講が終了して受講票を提出することで

ようやく免許が再発行されます。

 しかし私はこの方法はハードルが高いと思います。

実際に技能試験に合格した際、試験教官にも

言われました。

理由は技能試験は実際の運転と全然違うことです。

正直、運転が上手下手といった話でなく

試験ポイントをミスしないかどうかです。

試験コースは全部で3コースあり、各コースが

それぞれ3分割してあります。

試験はその1区間のみなので、9区間の中の1つが

試験コースとなります。

このコースも当然事前に覚えておく必要があります。

試験中に試験教官に尋ねると教えてもらえますが、

緊張してミスをしやすくなります。

試験は減点方式で70点以上が合格ですが、

1つのミスですぐに20点減点されたりします。

つまり2つ以上ミスがあれば致命的です。

またミスの内容によっては一発アウトもあります。

それに試験教官と接した感じだと、教習所に通って

再教育を受けてきましたというだけで印象がよく、

査定が少しやさしくなる気がしました。

 2. 教習所へ通う

 教習所には仮免許を持った状態で入校できる

仮免入校というものがあります。

そこへ入校して路上教習をしっかり受けて、

特別教習も受けてしまう方法です。

必要な教習を全て受講したのちに試験場にて

本試験学科、技能試験を受験し、合格できれば

免許再取得です。

こちらも本試験の流れは自分で練習する場合と

同じですが、先に特別教習を受けている為、

本試験合格後、すぐに免許を受け取れます。

 ちなみに佐賀には教習所が3校あります。

 ・佐賀自動車教習所

 (http://www.saga-ds.com/)

 ・川久保自動車教習所

 (http://www.kawakubo-ds.jp/)

 ・東佐賀自動車教習所

 (http://www.higashisaga-ds.com/)

 佐賀と川久保は試験所のすぐ隣にあるため、

何かと便利です。

例えば、技能試験コースが決まると試験待ちの間に

試験と同じ車両で練習させてもらえます。

さらに本試験を受験する際、送迎もしてもらえます。

試験場が街外れにあるためこれは助かります。

 私は佐賀自動車教習所へ通いました。

仮免入校費用は¥54,000です。

3. 自動車学校へ通う

 自動車学校と教習所の違いは皆さんわかりますか?

私はこれがあって初めて知りました。

自動車学校は本試験の技能試験まで受けれます。

試験所で受験するのは学科のみです。

その他は学科、技能試験ともに試験所で受験します。

試験所では警察官が試験教官をしますが、

自動車学校では学校教官が試験官です。

 そのため基本、不合格することはあっても

最終的にクリアできないことはありません。

そこはやはりお客さんですからね。

しかし試験所では容赦なく落とされます。

この部分のストレスがだいぶ違うと思います。

料金は¥200,000ほどとかなり高くなっています。

 

私は基本、安全運転をする方でスピードを

出す方でもありません。

20年以上車を運転していて、100%の被害事故が

1件(停車中に後ろから追突された)と

スピード違反(40kmの道路を57kmで走行した)が

1件あるだけです。

なんでかなぁ~とため息をつきながら、試験所の隣にある

佐賀自動車教習所へ向かうのでした。

・・・つづく

(関連記事)

  ・思わぬ不幸は突然に・・・

  ・長い戦いの始まり

  ・新たな味方の登場

  ・戦いの火ぶたは落とされた

  ・翼よ、再び

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする