サンルームから解った、洗濯物乾燥のススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


1. はじめに

サンルームを造って洗濯物を乾燥させ、

天気干しと何度も比較してきました。

その結果、洗濯物がどのように乾燥するのか、

どうすればよく乾燥するのか、

少しわかってきた気がします。

折角なので簡単に紹介したいと思います。




2. 乾燥は温度でなく風である

サンルームは花粉対策で造ったものでしたが、

温度上昇による乾燥促進も狙っていました。

しかし結果は効果なし!

今回の結果では5℃程度の温度上昇において

乾燥速度が著しく改善することはありません。

ルーム内温度は太陽の輻射熱によるものなので、

日が当たる部分のみ温度が上がっています。

逆に日が当たらないときは温度が上がりません。

例えばエアコンや暖房を使って温度を上げて

維持できれば改善するかとは思います。

3. 除湿や水蒸気排出が大切である

洗濯物の乾燥度を表すために重量計を使って

どれくらい水分を含むか測定していました。

その結果、衣類の種類にもよりますが、

洗濯直後はかなり水分を含んでいました。

今回、タオルの重量を測定していましたが、

ほぼ同じ重量の水分を含んでいます。

これも種類や素材にも影響するのでしょうが、

一般的なタオルだと10枚ほど乾燥させると

約1kgほどの水蒸気が蒸発することになります。

これって結構多くないですか?

他の衣類も合わせると1回の洗濯で

2~3kg程度の水蒸気が発生します。

天気干しする際はこの程度の水蒸気は

全く問題になりませんが、

部屋干しだと話が変わります。

これだけの水蒸気を部屋干しすると、

室内換気や除湿程度で水蒸気は逃げきれず

室内湿度はかなり高くなるかもしれません。

そうなると、結露は避けられません。

これを毎日続けると壁内や屋根裏といった場所で

結露することも考えられ、カビの原因となります。

そのため部屋干しする際はどのようにして

水蒸気を逃がすか考えておきましょう。

例えば、寒いですが窓を開けておくとか、

除湿器を常に運転する、換気扇を強にするなど

効果があると思います。

4. 洗濯物に風を当てる

今回試したなかで最も効果的なことは

洗濯物に風を当てることです。

結局、風が強く当たれば速く乾きます。

そのため気温が低くて曇っていても、

風が吹いていれば外に干した方がよく乾きます。

室内干しが乾きにくいのはこの風がないことが

原因だと思います。

オススメは扇風機です。

扇風機は電気代も安く、簡単に大きな風量を

出すことができます。

しかも扇風機は洗濯物がよく乾く夏場しか

使用せずに梅雨時期や冬などは物置の中です。

もったいないですね、

私はこの調査を始めて扇風機が如何に

優れた家電かと実感しました。

これほど経済的で役に立つ家電はありません。

夏は暑さをしのぐために使用し、他の季節は

洗濯物を乾かすために使うことをオススメします。

5. さいごに

サンルームシリーズもこれで最後です。

如何だったでしょうか?

なかなかひっぱりましたね~(笑)

正直、造るとこまでは予定通りだったのですが、

その後の性能が期待通りとは言えませんでした。

何事もやってみないとわからないものです。

しかし今回の製作では良いことが分かりました。

洗濯物を乾燥させるためにサンルームは

必要ありません。

サンルームの仕様や作りにもよりますが、

むしろ乾きにくくなると感じました。

ではどうすれば外干しせずに洗濯物を速く

乾かせるのでしょうか?

答えは簡単です!!

それは、

 「部屋干し」

です。

何やら本末転倒な結果となっていますが、

このような調査を繰り返すことで、

今は100%部屋干しになりました。

重要な事は、

 「どのように部屋干しするのか」

です。

部屋干しはその方法で雲泥の差がでます。

私はこの調査を通して、

 洗濯物がどのように乾くのか

 温度や湿度がどのように影響するのか

 風があるとどのように良いのか

など知ることが出来ました。

また実際に温度や湿度、洗濯物の重量を

計測することで、より具体的な数字として

とらえることもできました。

そしてこの経験を踏まえて、部屋干し用の

回転式乾燥スタンドを自作してみました。

これを使えば部屋干しにも関わらず、

  日中だと2時間程度

  夜間だと3時間程度

  雨天時は4時間程度

で乾かすことができます。

これは扇風機の風を洗濯物に当てるだけでなく、

その風力を利用して洗濯物を回転させる

乾燥スタンドです。

港町で見るイカの天気干し機のようなものです。

乾燥スタンドは別の記事でまとめていますので、

作り方や乾燥時間データなど、

詳細はこちらを参考下さい。

=====================

(参考記事)

 「部屋干し用回転式乾燥スタンド

=====================

(関連記事)

  ・大気中にはどんな浮遊物があるのでしょうか?

  ・何故、部屋干しが臭い?

  ・洗濯物乾燥を科学する!

  ・サンルームの構想

  ・サンルーム製作 天板製作

  ・サンルーム製作 枠組み製作

  サンルーム製作 パネル取付

  ・サンルーム製作 扉製作

  ・サンルーム製作 完成

  ・サンルーム製作のまとめ

  ・サンルーム評価 (ルーム内温度と外気温)

  ・サンルーム評価 (洗濯物の乾き具合)

  ・サンルーム 反省会

  ・サンルーム 激闘編

  ・洗濯物乾燥のススメ

(他の製作品はこちらから)

 アルト車中泊用ベッド、ロードバイク車庫、

 サンルーム、テラス屋根、脱衣所の棚など。

 製作集」

————————–

今までアルミフレームを使ったことがなく、

初めて挑戦したい方にお助けアドバイスを

無料で実施していますので、

御質問、御相談等はお気軽に連絡下さい。

相談者の声もありますよ。

Link Your Design

————————–

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense2