アルトで快適、車中泊用ベッドの設計

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

 こんにちは、マッティです。

 だいぶ更新が遅くなりましたね (゚ー゚;A

覚悟はしていましたが、全く手につかないとは・・・

しかし今は、子供達にとって大事な時期。

彼らをなるべくフォローしなくてはなりません。

そういったわけで暖かく見守ってください。

新しい家に引越しをして数日経ちましたが、

やはり最近の家は断熱性能が高い!

今までの家は築35年ほどになるのですが、

室内温度が全く違います。

体感的に5℃くらいは違うかな。

しかも気密性が良いので隙間風もありません。

家は雨風しのげればいいやっと思っていましたが、

この快適性に少し心が引かれています。

 ただデメリットもあります。

それは音が響く・・・

扉の開閉や足音など、音が結構聞こえます。

小さい家なので仕方がないかもしれませんが、

家族と生活時間帯がずれる場合には困りますね。

 ご近所さんへのあいさつも終わりましたし、

次男の小学校もはじまりました。

次男はおとなしいので心配していましたが、

クラスメイトが良くしてくれるみたいで

一安心です。

 残すは長男の中学校入学式です。

これば無事に終わればとりあえず一息つけます。

こちらもなかなか心配の種・・・

無事、乗り切ってくれればいいのですが。。。

さて、スズキ アルト 車中泊用ベッドですが、

今回は設計編です。

ここが一番難しく、ここさえうまくいけば

後は楽チンです。

どんなものを考えたのか・・・

よかったら、のぞいて見てください。

(記事)

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 設計

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense2