簡単DIY!アルミフレームと100均の自在棚

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


1. はじめに

アルミフレームと100均はとても相性が良く、

一緒に使ってDIYするができます。

ここではアルミフレームとワイヤーネットを

使って自由に高さやレイアウトを変更できる

自在棚を紹介します。

普通の棚は段数や段間隔を一度決めてしまうと

それを増やしたり、間を広げたりすることは

なかなかできません。

しかしアルミフレームを使えばフレームの持つ

固定調整機構により自由にアレンジできます。

====================

(参考記事)

   「アルミフレームの使い方

====================

100均の持つコストパフォーマンスと

アルミフレームの持つ自由で強度がある

構造がマッチした棚となっています。




2. 使用部品

使用する部品リストです。

=====================

・アルミフレーム(20mm角)

   1,500mm・・・2本

    280mm・・・2本

・フレーム専用ナット

・皿ネジ、六角ネジ M4

・棚受金具        10個

・ワイヤーネット      4枚

・金折隅金         4個

=====================

アルミフレームの長さは作りたい棚に

合わせて準備します。

ワイヤーネットと棚受金具が1セットで

1段になるので、必要な段数分用意します。

3. 作り方

①棚受金具をフレームに取付け

棚足となる棚受金具をフレームに取付けます。

この部分は棚の大きさによって選定してください。

各段で使用する金具と違う種類でも構いません。

フレーム溝に専用ナットを入れて

棚受金具をネジで締め付ければOKです。

取付位置はフレームの端にL字足になるにします。

これを1,500mmフレーム2本とも取り付けます。

②金折隅金をフレームに取付け

280mmフレーム両端に金折隅金を取付けます。

ネジは六角ネジもしくはナベネジを使います。

取付方法は①と同じ要領で、

2本とも同じように取付けます。

③フレームどうしを連結

①と②で作ったフレームを連結します。

①で作ったフレームの間に②のフレームを

入れて凹字型にします。

このとき上側のフレームはまだ取付けません。

④ワイヤーネットと棚受金具を取付

①と同じ要領で棚受金具をそれぞれ取付けて

ネットの網目を通しながらワイヤーネットを

棚受金具の上に置きます。

棚受金具の穴に針金を通してワイヤーネットを

固定すれば1段目の完成です。

これを必要な段数分行います。

⑤280mmフレームを取付

最後に280mmフレームを上側に

固定すれば完成です。

棚が安定しないときは棚足となる

棚受金具を増やしてください。

4. 使用方法

棚の段数や段ピッチは自由自在に

調整することができます。

棚受金具の位置を調整するだけで各段の

位置を変更でき、ネットを追加することで

段数を増やすこともできます。

また違ったアレンジも可能!

例えば1段おきに棚を逆向きに取付けると

こんな棚に大変身。

フレームは4面ともに溝加工があるので、

どの面にも棚受金具が取り付けられます。

こちらは1本のフレームの4面を使って、

棚受金具を1段ごと90度ずらして

取り付けた棚になります。

するとらせん状の棚の出来あがりです。

このように棚の形状や組み合わせは無限に

ありますので、お好みの棚を作れます。

5. 費用

この自在棚の費用ですが、ほとんどが

100均の部品なのでリーズナブルです。

棚1段分はワイヤーネットと棚受金具、

ネジと専用ナットで合計¥300です。

アルミフレームは¥700/m程度なので、

使用する長さと段数がわかれば大まかな

費用は計算できます。

さて、如何だったでしょうか?

アルミフレームは幅広く応用でき、

100均部品との相性が良いことを

紹介できたと思います。

皆さんの自分だけのオリジナル棚を作って

見ては如何でしょうか?

————————–

今までアルミフレームを使ったことがなく、

初めて挑戦したい方にお助けアドバイスを

無料で実施していますので、

御質問、御相談等はお気軽に連絡下さい。

Link Your Design

————————–

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする