パーゴラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

(2018.5.15)

1. 構想図

まずは簡単な構想図を3D CADで作成してみました。

設計のポイントは次の通りです。

・パーゴラのサイズは4×4×4mでスパンを2m

4mの1本ものではたわんだりコネクタとの連結強度があまり取れません。

ちなみに2mスパンだと中心に40kgの荷重を掛けた時に5mmたわむ程度です。

・アルミパイプはφ43 標準パイプ

パイプφ53がさらにパイプ強度はありますが、コストが高くコネクタ種類も少ないので

φ43にしています。

パイプ自体への荷重はあまりなくパイプどうしの連結強度の方が重要だと思ったので

コネクタを補強することで補おうと考えています。

・パイプどうしをつなぐコネクタには高強度を選定

コネクタには最も強度があるタイプを使っています。

これで引抜荷重は50kgとなり、モーメントは24kg/m(コネクタから1m離れた点に

24kg加えると外れる)となります。

さらに火打ち梁のような角に補強を入れると大人がぶら下がれる強度になると思います。

・カーテンはパイプをレーンにしてリングをかける

パイプはカーテンレールにように使えるのでリングを掛けて、そこにカーテンの歯止めを

通して動かせるものを考えています。

これが最もシンプルな方法だと思います。

こちらに似たようなカーテンを取り付けた事例があります。

(http://www.frame-diy.com/2017/11/18/page-4086/)

そこではリングにフックを付けましたが、今回はリングに直接歯止めを通すものです。

・総重量は50kg程度

ざっくりした計算ですが、サイズは大きいものの全体の重量は50kg程度です。

アルミパイプφ43 4mでも3kgほどしかありません。

扱いやすく組立てにはとても良いのですが、やはり強風時に面が広いために飛ばされる

可能性があります。

そのためしっかりした固定が必要となります。

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする