洗面所、脱衣所に最適!収納棚を簡単DIY!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

1. はじめに

ここではアルミフレームを使って身近な物を

自作DIYしています。

アルミフレームは次の特徴から狭小空間での

利用に適しています。

=====================

(細くて強い)            

 20mm角と細いながらもアルミであるため

 強度が強く、木材に比べて構造を小さくできる・      

(組立てが簡単)

 組立てはボルトを締めるだけなのでとても簡単。

 力もいらないので手が届けば組立てられます。

(狭い隙間で作業できる)

 親指程度の隙間があればフレームを通せます。

 洗濯機や洗面台の隙間をぬって設置できます。

=====================

=====================

(参考記事)

   「誰でも簡単!アルミフレーム

=====================

これまでの製作品を振り返ると全て屋外で

使用するものばかりで、屋内で使用する物は

何故かありませんでした。

しかし次は脱衣所に棚を作ります。

「なんだぁ~、棚かぁ」

そう思われた、そこのあなた!

実はこの棚にはアルミフレームの特長が

詰まった面白いものです。




2. 背景 -我が家の脱衣所ー

我が家の脱衣所はあまり広くありません。

しかし4人家族でそれなりの収納が必要です。

今は既製品の棚を置いて使っていますが、

脱衣所が狭くあまり服も置けない状況。

油断するとこの棚に服の山がすぐにできます。

脱衣所のレイアウトは片側に洗面台と洗濯機が

並んで設置されており、それ以外のスペースは

幅1m×奥行き1.5m程度です。

ここには着替えるスペースも含まれるので、

なるべく小さい棚が必要となります。

アルミフレームは脱衣場のような限られた狭い

スペースで使う場合に適しています。

それは次の理由からです。

=====================

・細い材料でも強度がある

・限られたスペースに合わせて造れる

=====================

まず狭いスペースで棚を造る場合、

材料のサイズを小さくする必要があります。

木材とアルミを比較すると、同じサイズで強度を

比較すると、当然アルミの方が高くなります。

そのため木材に比べて細い材料を使用できます。

さらに狭いスペースに合わせて複雑な構造に

なった場合、アルミフレームの高い自由度が

あればそれに対応することが十分可能です。

======================

(詳細記事)

脱衣所、洗面所に棚をDIY!(構想編)

======================

3. 脱衣所の棚の設計

脱衣所の棚を作るにあたり、何を収納するか

まずはリストアップします。

======================

(脱衣所に収納する物)

  ・家族4人分の着替え

  ・洗濯かご

  ・シャンプーなどの予備品

  ・タオル

  ・ハンガー掛け

======================

この中でハンガー掛けがピンとこないですね。

これは妻の希望で冬場の入浴時に洗濯しない

衣類を一旦かけたり、洗濯機から洗った衣類を

取り出して一旦かけたいとの要望です。

脱衣所には据付の洗面台と洗濯機があり、

さらに着替えるスペースを確保しつつ、

これらの棚を作る必要があります。

そこで上の空間を利用した棚を設計しました。

設計は3D CADを使っています。

アルミフレームはこれが使えるので、作る前に

あらゆる角度から見ることができます。

======================

(参考記事)

 「アルミフレームの3D CAD設計

3D CADで設計した棚

======================

ここでは棚を2つに分けて、1つ目の棚を

壁側に設置し、そこに衣類を収納します。

もう一方の棚は洗濯機の上に設置して

そこに洗濯かごを置きます。

さらにこれの棚を上でつなげることで

そこをハンガー掛けにしました。

まさに手作りといった感じの棚です。

それぞれの棚の寸法は次のように

なっています。

壁側の棚の寸法

洗濯機上の棚寸法

次に部品を加工してこれを組み立てていきます。

======================

(詳細記事)

 「脱衣所、洗面所に棚をDIY(設計編)

======================

4. 脱衣所に棚を組立てる

CAD設計が終わると各フレーム長が計算され、

その長さにフレームを切断します。

======================

(関連記事)

 アルミフレームの切断加工方法

切断したアルミフレーム

======================

まずは壁側の棚を先に製作し、その次に洗濯機の

上の棚を作ります。

アルミフレームの組立てはブラケットと呼ばれる

部品で行います。

======================

(関連記事)

  「アルミフレームの組立て方法

======================

まずは脱衣所から物を運び出して、そこに棚を

組立てましょう。

組立て前の様子

壁側の棚の組立て後の様子

アルミフレームは100均部品との相性がよく、

費用を抑えるためにいくつか利用しています。

======================

(参考記事)

  「アルミフレームに合う100均部品

======================

次に洗濯機の上の棚を組み立てます。

こちらは洗濯機や脱衣所はそのまま動かさず、

その隙間にフレームを通して組立てできます。

洗面台と洗濯機の隙間は25mm

力が要らないので片手で作業できます

洗濯機上の棚(板を置く前)

最後に2つの棚を連結させます。

2つの棚の連結様子

これで棚の完成です。

======================

(詳細記事)

 「脱衣所、洗面所に棚をDIY(製作編)

 「脱衣所、洗面所に棚をDIY(修正編)

======================

5. 完成

組み上げた棚に収納箱を置けば完成です。

収納もたっぷりでストック品も置けます。

洗濯カゴもこの通り。

洗濯機の上に棚があると結構便利です。

ハンガーも十分かけることができます。

フレームが細いので強度的に不安に思えますが、

実は大人(60kg)がぶら下がれるほど強い。

さらに2つの棚を連結したお陰で全体の強度が

強くなり、壁に固定せずに置いているだけでも

全く倒れる気配がありません。

子供がよじ登れるくらいです。

賃貸で壁に穴あけできない場合にピッタリです。

さあ、気になるお値段です。

収納箱を除いたアルミフレーム部品の合計費用は

¥15,000程度となりました。

これが高い安いは個人の判断ですが、

これだけ自由にオーダーメイド風で作ったので

私的には大満足です。

脱衣所の棚は如何だったでしょうか?

これほど自由な構造であれば自作DIYでしか

手に入らないと思います。

そしてアルミフレームが狭小空間にとても

適していると改めて感じました。

この記事が皆様のお役にたてれば幸いです。

======================

(詳細記事)

 「脱衣所、洗面所に棚をDIY(完成編)

======================

(他の製作品はこちらから)

 スズキアルト車中泊用ベッド、ロードバイク車庫、

 サンルーム、テラス屋根、脱衣所の棚など。

 製作集

————————–

今までアルミフレームを使ったことがなく、

初めて挑戦したい方にお助けアドバイスを

無料で実施していますので、

御質問、御相談等はお気軽に連絡下さい。

Link Your Design

————————–

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする