誰でも簡単!アルミでサンルームを自作DIY(構想)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

サンルームの目的は布団や洗濯物を外気にあまり

触れることなしに干すことです。

なるべく花粉や黄砂といった大気中の浮遊物を

付着させないためのものです。

人が入ることは想定していません。

そのためあまり高さは必要なく、

横幅を広くするつもりです。

また以前造った縁台があるため、そこに立って

作業できるものにしようと考えています。

そこで図のような構造にする予定です。

幅1,800mm、高さ1,400mm、奥行き900mm

地面から500mm上げたところからサンルームに

したいと考えています。

縁台の高さが400mmあるので、

その分は上げて作業しやすくするつもりです。

足の部分はまだ決めていません。

当然、図のままだと安定しないため

縁台に固定するか、別に作るか、

実際の物をみて考えるつもりです。

手前が扉となり、ヒンジを付けて持ち上げて

重ねておくようにします。

ルーム内に2本のフレームがあり、

そこに布団や洗濯物を干します。

骨格は全てアルミフレーム(20×20)mmとし、

壁には透明のポリカ製のダンプラを用意しました。

 

ダンプラとは厚み方向が中空となった板のことで

とても軽いのが特長です。

しかもポリカーボネイト(PC)製なので耐候性にも

優れています。

このサイズの樹脂板は非常に重くて高価ですが、

ダンプラだと軽くて安価に購入できます。

最近のホームセンターはすごいですね w(゚o゚)w 

さて懸念点は重心とバランスです。

実際に洗濯物を干した時に安定するか心配です。

それと強風時に面で風圧を受けるため、

倒れないか考える必要があります。

地面に穴を掘ってコンクリートを流して土台を

造ってしまうと、全く動かせなくなるので

少し不便になります。

土台をどのようにするか悩みますね。

まあ、あとは造りながら考えますかぁ~

(参考記事)

  大気中にはどんな浮遊物があるのでしょうか?

  ・何故、部屋干しが臭い?

  洗濯物乾燥を科学する!

  ・サンルームの構想

  サンルーム製作 天板製作

  サンルーム製作 枠組み製作

  サンルーム製作 パネル取付

  サンルーム製作 扉製作

  サンルーム製作 完成

  サンルーム製作のまとめ

  ・サンルーム評価 (ルーム内温度と外気温)

  サンルーム評価 (洗濯物の乾き具合)

  サンルーム 反省会

  ・サンルーム 激闘編

  ・洗濯物乾燥のススメ

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする