自作サンルームの温湿度環境測定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


サンルームってあると便利そうですよね?

しかし実際に業者に依頼すると費用が大変! 

そんな方はまずは試しに自作しては如何でしょうか?

私が作ったこのサンルームはナント3万円台

製作できますよ。

ここでは洗濯物を干すためのサンルームを

アルミフレームを使って自作DIYしています。

そこで使用する部品や費用、サンルームの

温室効果や外気との違い、洗濯物の

乾燥時間などをまとめています。

サンルームを作ることは簡単です。

しかしサンルームで洗濯物を速く乾かす

ことは難しいって知っていました?

自分でサンルームを自作して判った事、

それは、

「洗濯物を乾かすための

 サンルームは不要です!!」

ではどうやって乾かすのか?

 「部屋干しです」

部屋干しは乾きにくいと思われている方が

多いのですが、それは違います。

部屋干しはテクニック1つで外干しよりも

速く乾かせます。

エアコンや乾燥機、除湿器は不要です。

こちらに部屋干しを研究した記事があります。

雨の日の夜間に干しても3時間でおおよそ

乾かすことができます。

良かったらご覧ください。

=====================

(参考記事)

 「回転式乾燥スタンドを自作しました

=====================




ここからはサンルームの評価をしていきます。

正直、どれくらい効果があるかわかりません。

まだ本格的な花粉飛散時期ではないので、

洗濯物の乾燥について評価します。

まずはサンルーム内の温度と外気温が

どれくらい違うのかを測定してみました。

ちょうどこの日は1月15日で非常に寒い日。

佐賀でも朝方はうっすらと雪が残っています。

風はあまり吹いておらず、雲がそこそこあって

日照はまちまちな日でした。

まずはサンルーム内に温度計を設置します。

そして同じ温度計を庭先に置いて外気温度を

測定します。

いずれも同じ温度計で100均より2個購入しました。

どれくらい温度が違うのか楽しみです。('ー')

結果は以下の表のようになりました。

やはりサンルーム内温度が全体的に高いですね。

それに応じて湿度も下がっています。

観察していると日照の影響がかなり大きく、

日当たりによって温度がすぐに変化しています。

ダンプラは層構造になっているので単板に比べて

熱の移動は少なそうですが、

あまり断熱や蓄熱といった働きはないようです。

そうなると日照だけがポイントになりそうです。

今回はサンルーム内に何も干していないので

湿度はだいぶ低くなりましたが、

洗濯物を干すとどうなるかはわかりません。

このあたりは今後調べます。

ただ中に入ると風がなくてほんわりと暖かいので

子供が入って遊んでいます(笑)

これも外で遊んでいるうちに入るのかな?

(参考記事)

  ・大気中にはどんな浮遊物があるのでしょうか?

  何故、部屋干しが臭い?

  洗濯物乾燥を科学する!

  サンルームの構想

  サンルーム製作 天板製作

  ・サンルーム製作 枠組み製作

  サンルーム製作 パネル取付

  サンルーム製作 扉製作

  サンルーム製作 完成

  ・サンルーム製作のまとめ

  サンルーム評価 (ルーム内温度と外気温)

  サンルーム評価 (洗濯物の乾き具合)

  サンルーム 反省会

  ・サンルーム 激闘編

  ・洗濯物乾燥のススメ

————————–

今までアルミフレームを使ったことがなく、

初めて挑戦したい方にお助けアドバイスを

無料で実施していますので、

御質問、御相談等はお気軽に連絡下さい。

相談者の声もありますよ。

Link Your Design

————————–

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする