パーゴラDIY

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

(2018/6/8)

1. パーゴラのスケッチ

戴いた図面からアルミフレームの3D CAD図を作成してみました。

フレームサイズは40mm角にしています。

長い所で3mもあり、しかも屋上という風が強い場所に設置するので

強度を強く考えています。

当然、30mm角サイズでも作ることはできます。

ちなみに屋上にはどの向きで設置する予定ですか?

それと戴いた写真にある固定用の柱2本とはどの部分を連結させるのですか?

2. 天板の構造

天板は結構大きいためポリカ板サイズを探さないといけませんね。

一般的なサイズは長手で1820mmだと思います。

以前、1,000×2000mmの引き戸を作ったことがあります。

そこでは標準部品にある引き戸レールやコロを使いました。

カタログでは2面ですが、3面まで可能です。

天板の3,100mmを3分割にしてスライド式にできるかもしれません。

3. サイドカバー

サイドカバーですが、ブラケット固定部分があるので難しいですね。

折戸という方法もありますが壁側では使えないので、パネルを使うと引き戸タイプしか

使えそうにありません。

もしくはロール式でクロスもしくは布カーテンを使う方法もあります。

以前、ホームシアター用のロールスクリーンを共同DIYしたことがありますが、

その時は3,000×2,000mmの大型ロールスクリーンを扱いました。

その際の使用部品はこちらです。

ロールスクリーンキット補修用 リペアキット 簾(すだれ) 巻き上げ器 ブラインド昇降コード・操作ブラケットがロールスクリーンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

この部品とパイプを組み合わせて巻き取り式スクリーンを作りました。

その時の記事はこちらになります。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_c...

このような方法は如何ですか?

4. パーゴラの固定

パーゴラの固定方法ですが、柱が2本あるのでこれと固定しますが

その他に固定できそうな場所がありませんね。

これだけだと高さが2,500mmほどあるので多少揺れるかなっという気がします。

ただ幸いなことに1mほどの壁が前面にあるのでこの壁と固定できれば

かなりしっかりするかと思います。

壁はガルバニウムですか?

(2018/7/14)

アルミパイプを使って同じ形状のパーゴラを設計してみました。

形状的には同じものが作れます。

今後はアルミパイプで進めましょうか?

気になる寸法は変更したい構造があれば教えて下さい。

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする