Kさんとのやり取り記録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


ここはKさんと一緒に卒業研究用の階段を

作ったときのやり取りの記録です。

写真や絵を添付しやすいためURLにて

詳細を書くようにしています。

当時のままに残しているため、

装飾や見やすさを考慮していません。

少々見にくいかもしれませんが、

お互いの様子が伝わると思います。




=====================

添付してあった写真を元に図面を作成しました。

アルミフレームは30mm角を使用しています。

まずは3D CADで全体像。

踏み板は取り付けていません。

120kg程度であれば厚み3.2mmの鉄製の縞板で

十分だと思います。

この構造で中心荷重(踏み板を取り付けてその真ん中に荷重をかける)を

1200「N]加えた場合、最大たわみ量が0.6mmほどで安全率は6.7になります。

ブラケットのすべりも800[N]あるので問題ないかと思います。

続いて2D図面の寸法図です。

どんな感じでしょうか?

使用部品リストです。

・アルミフレーム  SFF-304 (¥0.84/mm)

L=120mm 4本   約400円

L=150mm 4本   約500円

L=170mm 2本   約300円

L=370mm 4本   約1,300円

L=640mm 4本   約2,200円

L=700mm 3本   約1,800円

定尺品(SFF-302)を2本買って自分で切断すれば

もう少し安くなります。

(約6,100円)

・ブラケット  SFK-018  ¥160/個

32個   (約5,100円)

コストダウンしたい場合はブラケットの数を減らせばいいかと

思います。あまり減らしすぎると強度が落ちるのでそこは注意が必要です。

またこの図面をSUSが提供しているUnitDesignというソフトで

作成しています。

このファイルをSUSに送って部品を購入すると3%値引きしてくれる

らしいですが、私は利用したことがありません。

質問があった件ですが、写真のように縞板の

上にブラケットを載せたいということでいいですか?

この配置はしない方がいいです。

写真を見てもわかるように、縞板表面には凹凸があり

そのためブラケットの下に隙間ができて固定が弱くなります。

またブラケットの裏面には回り止め用の段差があるため

さらに安定が悪くなります。

(段差がないブラケットもありますが、固定が弱いです)

そのため縞板の上に直接ブラケットを固定せず、

ブラケットを取り付ける部分を予めカットした

縞板を注文した方がいいですよ。

それと縞板の取付で注意事項があります。

・ボルトサイズを確認すること。

ブラケットは購入時に単体で買うか、ボルトや

ナットが付いたキットで買うことができます。

ただキットで購入するとボルトサイズがM6に

なっています。

縞板は厚みによりますが、多分皿ネジを使って

ねじ頭がでないようにされると思います。

M6だと大きすぎるかもしれません。

大体、M4かM5を使用します。

そのため上記サイズにあったTナットSを別途

購入する必要があります。

・皿ネジは縞板厚+7mmくらいの長さにする

フレームで固定する際、ネジの長さに注意が必要です。

長いと頭が出てしまうし、短いと固定できません。

経験的に縞板の厚みに7mm足した長さの皿ネジを

購入すればよいかと思います。

・縞板は表面に凹凸があるため穴加工位置が制限される

縞板に穴を空ける際に凸部分を避けた場所に穴を空けます。

そのためフレームに取付けようとしたときに穴位置が

ずれていることもあります。

穴を空けるときは同一線上にして、フレームで合わせられる

ようにしてください。

突起付きブラケットについて、

突起付きブラケットとはブラケットとフレームが

接触する面に凸が付いたブラケットです。

下図の赤丸が突起部分となります。

写真で見るとこのように裏面に凸形状があります。

凸部分はフレームに取付けたときに、

ちょうどフレームの溝部分に嵌ります。

そしてガイドの役割を果たします。

この凸部分があるお陰でブラケットのずらした時に

フレームに対して水平に動けますし、

ブラケットを取り付けるときも回転しないように

なります。

こちらの写真を見ると、凸部分がフレーム溝に

入っている様子がわかります。

フレームどうしを直角に固定する場合は

突起付きを選ぶ方が良いです。

逆にこの突起部分が邪魔になるケースもあります。

それは平板などにフレームを立てようとする場合です。

このときもブラケットで直角に立てることが

できますが、板にブラケットを置いたときに

凸部分が当たって不安定になります。

このような使い方をする場合は突起が付いていない

ブラケットを選定する方がいいですね。

ミスミWeb見積もりサイト

私はミスミからアルミフレームを購入したことは

ありませんが、他の部品はよく購入しています。

私が見たのはこちらのページです。

SUSのアルミ構造材 SF40・45 溝幅10mmタイプ SF2-40・40の選定・通販ページ。ミスミ他、国内外3,324メーカー、2,070万点以上の商品を1個から送料無料で配送。豊富なCADデータ提供。SUSのアルミ構造材 SF40・45 溝幅10mmタイプ SF2-40・40を始め、FA・金型部品、工具・工場消耗...

この左側枠内で、

①フレーム形状:正方形加工なし

②表面処理:白アルマイト

③長さ(カット品):160

を入力すれば次の画面に飛びます。

SUSのアルミ構造材 SF40・45 溝幅10mmタイプ SF2-40・40の選定・通販ページ。ミスミ他、国内外3,324メーカー、2,070万点以上の商品を1個から送料無料で配送。豊富なCADデータ提供。SUSのアルミ構造材 SF40・45 溝幅10mmタイプ SF2-40・40を始め、FA・金型部品、工具・工場消耗...

ここで右の方にある価格の確認を押すと、

見積もり金額が出てきますよ。

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする