DJ Desk

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

(2018/7/21)

デスクを作るうえでまずは材料選定を考えています。

材料は①アルミフレーム(断面が正方形)と②アルミパイプ(断面が円形)です。

それぞれの特徴は次のようになっています。

①アルミフレームの特徴

・見た目がカッコいい

・値段が高い

・机板の取付けが簡単

②アルミパイプの特徴

・値段が安い

・机板の取付けに電動ドライバーが必要

・軽い

引出しいずれも付けることができます。

ポイントは値段でアルミフレームで作ると意外と高い費用になります。

パイプとフレームをこのデスクの場合で比較すると5,000円程度の違いが

出てくるかもしれません。

また重量も結構違いがあります。

フレームとパイプの構図を後述していますが、これだけでフレームが約10kgに対し

パイプは約6kgとなります。

まだ詳細な設計をしていませんが、耐荷重80kgの想定でのデスクの構図を考えました。

いずれも1,600×800×850mmのサイズです。

①アルミフレームの場合(30mm角)

②アルミパイプの場合(φ28mm)

またいくつか質問があります。

①引出しは中央に取付ける予定ですが、幅はどれくらいにしますか?

②机板は何を使われますか?(金属、木材等)

またこの材料も一緒にこちらで準備しますか?

(2018/7/22)

アルミフレームで設計を進めてみました。

まだ完成ではありませんが、今のところこのような感じで考えています。

中に入っているのが引出し(1,300×700mm)で出来るだけ幅広く考えました。

本来は引出しにスライドレールという部品が取り付きますが、CADソフトが対応しておらず

図面上は取付きません。

引き出したときの様子がこちらです。

全体の寸法は次のようになっています。

また机板や引出し板は図面に入っていません。

ここまでの費用は約3万円になります。(スライドレールは含まれています)

後は2枚分の板代がこれに加わった費用が総額になります。

設計において懸念点が1点あります。

私は実際にスライドレールを使ったことがなく、幅1,300mmと長いスパンを

支えられるかが判りません。

ちなみに引出しの上にはどれくらいの重さの物が載りますか?

もし製作することになればここはメーカに確認する予定です。

それと板材はどうしましょう?

フレームにこだわったので木材だと少し雰囲気が違うような気がします。

金属だとステンレスかアルミですが、前者は費用が高く後者は傷が入りやすいです。

金属と樹脂をサンドイッチした複合板という材料があります。

こちらは安く表面も金属なのでいいのですが、耐荷重が弱いです。

また透明なポリカ樹脂を使ってスケルトンのようにすることもできますが、

やはり傷が入りやすいです。

まずはどのような板材を希望されるかを教えて下さい。

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする