雨よけサイクルポート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

(2018/12/8)

戴いた図面を元にアルミフレームで構造を考えてみました。

部品を色々探してみましたが、やはり角のR形状と上の鉄筋と固定する際の傾斜付けを

同時に満たすアイデアが出ていません。

そこでまずは角のR形状にして傾斜がない構造を描いてみました。

材料は断面が40×40mmの正方形状をしたアルミフレームです。

角のR形状はベンドブラケットという部品で90度 R140mmです。

ベンドブラケットは260×260mmなので、高さと奥行きはこの部品寸法を考慮した

フレーム長さにしています。

また本来は上の鉄骨の傾斜があるため各柱の高さが異なりますが、

図面で正確な数字を出すのが難しいため最も高い寸法に合わせています。

もし製作される際は現場で合わせて不要分を切断された方が間違いないと思います。

これがベンドブラケットです。

私はこれを使った経験がないため、必要であれば取付方法などメーカに確認します。

アクリル板の取付けですが、次の部品を使って取り付けることを考えています。

これをアルミフレームの内側に設置して外側からアクリル板を貼り付ける構想です。

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする