コロ付台車

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

(2018/1/11)

戴いた図面と寸法を元にCAD図を作成しました。

アルミフレームサイズは20mm角で考えています。

コロについては記載していません。

コロについて、当初はフレーム断面にタップ加工をしてねじ込みたいという要望でしたが、

フレーム断面にはM5のタップ加工までしかできません。

ネジ込タイプのコロは小さいものでもM8ネジなので取付不可です。

メーカ純正部品では次のようにプレートを使って取り付ける方法があります。

しかし1個あたり1,000円ほどとコストが高く、さらに内側にプレートが入るため邪魔です。

そこで代わりになるコロを探したところ、アングル付コロという部品がありました。

ミスミのキャスタ アングル取付タイプの選定・通販ページ。ミスミ他、国内外3,324メーカー、2,070万点以上の商品を1個から送料無料で配送。豊富なCADデータ提供。ミスミのキャスタ アングル取付タイプを始め、FA・金型部品、工具・工場消耗品の通販ならMISUMI-VONA。

これだとフレームの溝を利用して取付けできるかもしれません。

また値段もリーズナブルです。

アルミフレーム部材だけの概算費用ですが、5,000円程度になると思います。

これとは別にコロや上板が必要です。

(2019/1/16)

高さを変更して3030フレームで作図してみました。

外寸は2020フレームも同じですが、フレームサイズが異なるため内寸が

それぞれ異なります。

(2019/2/2)

こちらが部品リストになります。

そして組図がこちらになります。

基本的にフレームどうしをブラケットでつなげるだけの簡単な構造です。

フレーム長さを間違えないようにその位置だけ記入しています。

(2019/5/12)

戴いた資料をもとに図面を作成してみました。

まずはキッチン棚です。

樹脂板の取付けですが、3つの方法があります。

①フレーム溝に入れてパッキンで固定する。

(https://fa.sus.co.jp/service/catalog/SF101_074.pdf)

これは板の4辺をフレームで固定する場合に使うため、今回の使い方には

向いていないと思います。

②カバーホルダーを使う

(https://fa.sus.co.jp/service/catalog/SF101_076.pdf)

こちらは今回の使用方法でも大丈夫だと思われます。

③直接フレームの上に載せて固定する。

これは板をフレームに載せてフレーム溝のナットと固定する方法です。

この場合、板の端に穴位置が近づき、加工時に割れやすくなるので注意が必要です。

また板ですが、凸形状の物をメーカから購入しようと考えています。

板の材質ですが、PET、アクリル、塩ビ、ポリカ、アルミ複合板、金属板などあります。

厚みはいずれも3又は5mmで透明とブラウンスモークの2種類のカラーとなっています。

耐熱的にはポリカが最も高く、値段的にはいずれも同じくらいですね。

また樹脂製のフック部品もありますが、こちらは耐荷重が1.5kgとなっています。

(ハンガー)

こちらも図面を作成しました。

本棚との固定方法はどのようにしますか?

他の必要な部品としては専用ナットが必要ですが、いくつ用意しましょうか?

もし建てた時に安定が悪い場合、隅金金物などを足がわりに付けるとよくなったことがあり

少し余分に持たれていた方がよいと思います。

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする