温室用栽培ラック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

(2019/2/15)

戴いた寸法から簡単なスケッチを行ってみました。

強度的に50kg程度は全然問題ありません。

問題は棚に載せる金属板で、以前紹介したアルミのパンチングメタルをこのサイズで

使うと金属板だけで1枚30,000円程度となってしまいます。

そこで他の材料を探したところ、次の方法ができるかもしれません。

①ステンレス製エキスパンドネット

こちらのようなステンレスで出来たネットです。

これだと水に濡れても錆びず、費用もネットだけで1万円ほどです。

ただしネット端に枠処理(ステンレス板を溶接)すると3倍ほどに跳ね上がるため、

枠処理なしにしてネット端の上にアルミ板を載せてそれをボルトで

フレームに固定する必要があります。

懸念点として、このネットの耐荷重とネット端が上手く処理できるかどうかがあります。

ネット耐荷重はメーカに問い合わせないとわかりませんので必要であれば確認します。

ネット端は上手くボルトがネットの目の中に入ってネットがたわんで落ちないように

しないといけません。

場合によっては中間にフレームを追加する必要もあるかと思います。

これで作ると1枚当たり1,5000円程度になるかと思われます。

②アルミフラットバー

これはアルミのフラットバー(幅50mm、長さ1,100mm、厚み3mm)を

隙間を開けて並べる方法です。

フラットバーは色んなサイズや厚みがあるため自由に選ぶことができます。

端部には穴を開けてフレームにボルトで固定します。

こちらは1本600円程度なので使用する本数(どれくらい隙間を開けるか)に

よって値段が変わります。

今のところ、この方法が最も安くて簡単に取り付けできると思います。

写真を見せていただいた参考例のようにカゴを使われるのであれば

この方法でも良いかと思いました。

(2019/2/24)

メールでも連絡しましたように棚に載せる金属板が費用的にネックとなります。

そこで近所のホームセンターに行き、使えそうな部品をピックアップしてみました。

①Lアングルを使う方法

ホームセンターにLアングルという物が売ってありました。

これは鉄をL字型に曲げて長穴加工された部品でユニクロめっきが施されています。

この部品を並べてカゴを支えることができます。

Lアングルの長穴にボルトを入れて、フレーム溝にあるナットと固定すれば完成です。

またこのLアングルはフレームに沿って自由に位置を調整することができるため、

サイズの異なるカゴを置くときもカゴサイズに合わせてLアングルの間隔を調整できます。

ただしこのLアングルは規格品で基本的には1,800mmでお店によっては900mmも

販売されているかもしれません。

そのため設計している台に合わせる場合は切断してもらう必要があります。

②基礎用配筋を使う方法

こちらもホームセンターで見つけました。

住宅用基礎などで使用する配筋で鉄でできています。

一般的にはコンクリートの中に入るためめっきがされておらず、そのまま使うと

錆びてしまいます。

そのためこれを使う場合は錆止めスプレーを事前に施す必要があります。

この部品をフレームの上に載せてその上に次のようなプレートを載せて、

フレーム溝のナットにボルトを使って挟み込んで固定します。

これがコスト的に最も安くなると思われます。

ただこちらも規格サイズなのでこのままでは使えません。

そのためホームセンターで切断してもらうことが必要になります。

アルミフレームは溝に専用ナットを入れることでボルトを簡単に使えます。

そして専用ナットの位置をずらすだけで固定位置も自由に調整できます。

そのため上に載せる物が決まれば取付は比較的簡単にできると思います。

(2019/3/9)

住宅基礎用ワイヤーメッシュ(φ6 150mmピッチ 1m×2m)を使った場合の

栽培用棚のサイズを変更しました。

メッシュサイズに合わせて棚サイズを同じ1m×2mに変更。

中間にたわみ防止のアルミフレームを1本追加しています。

アルミフレームの溝に専用ナット(M5)を入れて、ワイヤーメッシュを金属プレートで

上から押えこんで固定する方法を考えています。

組立てに使用する工具は六角レンチだけで済むと思います。

参考までに概算費用は35,000円ほどとなります。

またワイヤーメッシュや固定用金属プレートはお近くのホームセンターで準備して

もらうことになります。

(2019/3/17)

戴いた写真のスクリューメッシュを使った場合の端末処理方法を考えてみました。

もし電動ドリルをお持ちでアルミに穴あけ加工ができれば別の方法もありますが、

今回は加工なしで既製品を使った方法を考えています。

アルミフレームの上にスクリューメッシュを置いただけだと動いてしまい、

また端部が出ているため引っ掛って危ないと思われます。

そのため端部をフレームに固定して、引っ掛らないようにしようと思います。

そこで考えた方法はLアングルを使う方法です。(以前、写真を載せています)

こちらもホームセンターで購入することができます。

(参考URL モノタロウ

これを次のように設置してボルトで固定する方法です。

アルミフレームの上に黒塗りのワイヤーメッシュを載せて、その上から赤枠の

Lアングルをかぶせています。

Lアングルの黒塗り部分は長穴になっており、そこからボルトを通して

フレーム溝に入れたナットと固定する方法です。

Lアングルの上の黒塗り穴からM5のボルトでワイヤーメッシュとフレームを挟み込んで

押えれば動かなくなると思います。

またもしLアングルが浮くようなことがあれば横の黒塗り穴からM4ボルトを通して

フレームに固定すれば大丈夫だと思います。

この図面はLアングルの40mm幅の物で穴が11mmの長穴になっています。

(参考URL図面を元に作図しています)

そのためもしホームセンターにあるLアングルの幅や穴形状が異なると再検討が必要です。

もし寸法が判れば簡単に検討できるので御連絡下さい。

このLアングルを栽培棚の全周に設置すると費用もかかるため角と中央付近だけ設置して、

他の部分は100均になどで角を保護する物を買って設置した方が安く済むと思います。

(2019/3/23)

スクリューメッシュを載せた場合の寸法を確認してみました。

以前、戴いた写真を元に端部の長さを計算していますが、現物での確認が必要です。

青線がスクリューメッシュで黒線がアルミフレーム、黒塗り部分はフレーム溝です。

長さの単位はcmになっています。

フレームサイズをスクリューメッシュより1cm長くしてメッシュが外に出ない考えでしたが、

2段目(下段)のメッシュが角の柱フレームに接触する恐れがでたため、

フレーム横幅を2cm長くしています。

(下段の隅には3×3cmの柱があるのでこれをかわしてメッシュを置く必要があります)

目安としてはスクリューメッシュの2m側の飛び出た部分の長さが2cm以上であれば

大丈夫と思います。

またもしメッシュがたわみそうであれば中央に入れているフレームを2本にして

重さを受けるとさらに安定するかと思います。

またメッシュ端の固定ですが、ダイソーで次のような部品を見つけました。

ステンレス製のフラットバーですが、こちらで押さえることもできそうです。

この場合、M4のボルトを使ってメッシュの上から押さえつけます。

フラットバーが少し変形するくらい押さえればメッシュは動かないと思います。

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする