サンルームをアルミで自作DIYすると費用は3万円台!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


サンルームってあると便利そうですよね?

しかし実際に業者に依頼すると費用が大変! 

そんな方は試しに自作しては如何でしょうか?

私が作ったこのサンルームはナント3万円台

製作できますよ。

ここでは洗濯物を干すためのサンルームを

アルミフレームを使って自作DIYしています。

そこで使用する部品や費用、サンルームの

温室効果や外気との違い、洗濯物の

乾燥時間などをまとめています。

サンルームを作ることは簡単です。

しかしサンルームで洗濯物を速く乾かす

ことは難しいって知っていました?

自分でサンルームを自作して判った事、

それは、

「洗濯物を乾かすための

 サンルームは不要です!!」

ではどうやって乾かすのか?

それは、

 「部屋干しです」

部屋干しは乾きにくいと思われている方が

多いのですが、それは違います。

部屋干しはテクニック1つで外干しよりも

速く乾かせます。

エアコンや乾燥機、除湿器は不要ですよ。

こちらに部屋干しを研究した記事があります。

雨の日の夜間に干しても3時間でおおよそ

乾かすことができます。

良かったらご覧ください。

=====================

(参考記事)

 「回転式乾燥スタンドを自作しました

=====================




1. はじめに

ようやくサンルームも完成して、

これから使用してその評価をしていきます。

この製作品にはヒンジやマグネットキャッチ、

取っ手、プラダンなど色んなアクセサリや

部品を取り付けています。

興味があれば以下の参考記事内で詳しく

紹介していますのでご覧ください。

=====================

(参考記事)

  ・サンルームの構想

  ・サンルーム製作 枠組み製作

  ・サンルーム製作 天板製作

  ・サンルーム製作 パネル取付

  ・サンルーム製作 扉製作

  ・サンルーム製作 完成

=====================

そこでまずはサンルーム製作における反省や

まとめをしたいと思います。

2. 反省点

 1. 余剰部品、不足部品

製作前に構想図を作成したのですが、

余剰部品や不足部品がありました。

ダンプラも当初は底板にも使用予定でしたが、

骨組みを終えたときに強度を上げたいとの

考えから合板に変更しました。

それとボルトが全く足りませんでしたね。

このときはまだ設計を絵を描いて自分で

フレーム長を計算していたのでミスも

多く、再加工することもありました。

しかし今では設計に3D CADが使える

ようになったのでこのようなミスは

なくなりました。

====================

(参考記事)

 「アルミフレームの3D CAD設計

====================

2. サイズ

完成したサンルームを見るともう少し大きい

サイズが良かったと感じました。

プラダンより決めたので仕方がありませんが、

少し狭くて干せる洗濯量が限られてしまいます。

底板ももっと下げないとズボンを干す時に

当たってしまいます。

3. 部品購入方法

部品の購入が良くなかったと思いました。

フレームには豊富なアクセサリ商品があるので、

それを購入するとすぐに使用できるので楽ですが、

コストが高くなります。

100均を利用してより低コストで製作できた

思いました。

====================

(参考記事)

 「フレームとコラボする100均部品

====================

3. 良かった点

1. 軽くて丈夫

見た目は幅が約2mもあるので重そうですが、

大人二人で楽々持てる程度の重さです。

ダンプラを使ったことでだいぶ軽くなりました。

またアルミフレームなので細くても強度があり、

軽くて丈夫に仕上がっています。

サンルーム内で私が横になっても

倒れることはありません。

2. 密閉性がよい

フレーム外側からダンプラで固定したため

隙間ができず、雨漏りや隙間風がありません。

唯一、扉部分から少し風が入る程度です。

花粉や黄砂が多い日でも十分外干しできそうです。

もしパイプで製作すると、ここまでの密閉性は

困難だと思います。

4. 費用、製作時間

今回の製作で使用した部品リストです。

製作費用は¥35,000くらいです。

ポリカ製ダンプラが¥1,800/枚とそこそこ高い・・・

蝶番セットも¥550/個で結構高い。

部品の購入ルートを見直せば、

多分¥5,000くらいはコストダウンできそうです。

製作時間は約1週間ほどかかりましたが、

もし1日中作業ができれば3日ほどで出来そうです。

さて、後はサンルームの効果ですね。

評価のポイントは2つ。

長男の花粉症が少しは楽になるか

洗濯物の乾燥がよくなるか

どのような結果になるか楽しみです (*’ー’*)

(参考記事)

  大気中にはどんな浮遊物があるのでしょうか?

  何故、部屋干しが臭い?

  洗濯物乾燥を科学する!

  ・サンルームの構想

  ・サンルーム製作 天板製作

  ・サンルーム製作 枠組み製作

  サンルーム製作 パネル取付

  サンルーム製作 扉製作

  ・サンルーム製作 完成

  サンルーム製作のまとめ

  ・サンルーム評価 (ルーム内温度と外気温)

  サンルーム評価 (洗濯物の乾き具合)

  サンルーム 反省会

  ・サンルーム 激闘編

  洗濯物乾燥のススメ

(他の製作品はこちらから)

 アルト車中泊用ベッド、ロードバイク車庫、

 サンルーム、テラス屋根、脱衣所の棚など。

 製作集」

————————–

今までアルミフレームを使ったことがなく、

初めて挑戦したい方にお助けアドバイスを

無料で実施していますので、

御質問、御相談等はお気軽に連絡下さい。

相談者の声もありますよ。

Link Your Design

————————–

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense2