大気中にはどんな浮遊物があるのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


 大気中には花粉以外にも様々な有害物質が

浮遊しています。

そこで代表的なものをまとめてみました。

1. 花粉

  既に社会問題となった花粉です。

 一般的には杉やヒノキの花粉症が有名ですね。

 スギ花粉の大きさは30~40μmで風に乗って

 長い距離を飛んできます。

 その飛散距離は数十km以上と言われており、

 私の家の近くには杉山があるので

 多分かなり飛んでいると思います。

 2月くらいから飛散量が増えてきます。

2. PM2.5

出典: 東京都ホームページより

  これも最近では当たり前のように耳にします。

 車の排ガス、工場の煙、物を燃やす際の煙などに

 含まれる有害物質の中で粒径が2.5μm以下の

 物質をPM2.5と呼びます。

 つまりPM2.5とは物質の種類ではなく、

 粒子のサイズを表したものです。

 花粉と比べても1桁小さく、体内に吸い込むと

 肺の奥まで侵入してしまい、

 取り除くことが困難だと言われています。

3. 黄砂

 

  これは地域的な影響があるかもしれません。

 佐賀に住んでいると、風が強い日に車を触ると

 ザラッとすることがたまにあります。

 これが黄砂です。

 黄砂は中国大陸内部のコビ砂漠などの砂が

 巻き上げられて、偏西風に乗って日本まで

 飛来します。

 黄砂粒子は基本的に鉱物ですが、

 一部には土壌起源でない物質も含まれていて

 飛来中に大気汚染物質を取り込んでいる

 考えられています。

このように大気中には花粉だけではなく、

PM2.5や黄砂といった有害な物質も数多く

存在します。

小さな子供がいる家庭やアレルギーがある人は

注意が必要です。

(参考記事)

  ・大気中にはどんな浮遊物があるのでしょうか?

  ・何故、部屋干しが臭い?

  洗濯物乾燥を科学する!

  サンルームの構想

  サンルーム製作 天板製作

  ・サンルーム製作 枠組み製作

  ・サンルーム製作 パネル取付

  ・サンルーム製作 扉製作

  ・サンルーム製作 完成

  ・サンルーム製作のまとめ

  ・サンルーム評価 (ルーム内温度と外気温)

  ・サンルーム評価 (洗濯物の乾き具合)

  ・サンルーム 反省会

  ・サンルーム 激闘編

  ・洗濯物乾燥のススメ

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense2