台風21号通過後の自作DIYしたテラス屋根

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

こんにちは、マッティです。

昨日の台風21号は久しぶりに大きい台風でしたね。

これまでも大型台風はありましたが、

私が住んでいる佐賀市は幸いにも直撃せずに

いつもちょっとひどい雨程度で済んでいました。

しかし昨日の台風は本物だった・・・

夜中、風の音で何度も目が覚めるほどでした。

こうなると心配はアルミパイプでDIYした

テラス屋根です。

さすがにかなり不安な夜を過ごしましたよ。

=====================

(参考記事)

 アルミパイプでテラス屋根をDIY!

=====================

波板が外れて飛んで行かないか?

基礎が外れて柱ごと飛ばされないか?

朝には跡形もなく無くなっていないか?

そんな不安を抱えた夜でした・・・

さて大きな雲に覆われていて多少風が吹いていますが、

今朝の様子がこちらです。

  無事、無傷でした!!

昨晩も強い風が吹くと多少ガタガタと音が

しましたが、波板がめくれることはありません。

屋根と壁の2面だけで風が逃げれる構造で

あったことも良かったかもしれませんが。

しかもそのまま外に置いておくと風で倒された

自転車もここにおけば倒れることはありませんでした。

私の強風の中、試しにここに居たのですが

だいぶ風よけになっていました。

これがカーポートのような片受け構造だったら

昨晩の台風だと一発アウトだったと思います。

柱を4点立てて直方体で構造を造ったことが

強い構造になった理由かもしれません。

今回の大型台風を通じて感じたことです。

=======================

・アルミパイプのコネクタ接合は十分強度がある

・波板はタッピングビス固定でも大丈夫だった

 (ビス間隔300mm程度)

・基礎の片側は地中に500mm程度の杭を打ち込み、

 屋根やサッシ枠で抑えた構造でしたが、

 これでもずれることなく耐えれた。

・アルミパイプ径はφ28mmだったが、

 強度的には耐えうることができた

=======================

今回の台風は近年でも本当に大型だったため、

これで大丈夫であれば今後安心できそうです。

写真の中で何気に壁が追加されています。

製作当初、この壁はありませんでしたが、

思春期あるあるってことで最近追加しました。

アルミパイプテラスの良い点は強いだけでなく、

構造を自由に追加アレンジできることです。

例えば、

  扉を追加で付けたい

  完全に囲って小屋にしたい

  屋根を低くしたい

  壁に窓を付けたい 

などのアレンジも後付けで簡単にできます。

なんせ1時間もあれば分解できる代物ですから。

私もここは賃貸なので最終的には解体します。

しかし強度は今回の台風で証明済みの強さなので

DIYにはもってこいの材料と思います。

次回は目隠し壁を追加した作業を紹介しますね。

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense2