誰でも簡単!アルミでサンルームを自作DIY(天板作り)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

サンルームってあると便利そうですよね?

しかし実際に業者に依頼すると費用が大変! 

そんな方はまずは試しに自作しては如何でしょうか?

私が作ったこのサンルームはナント3万円台

製作できますよ。

ここでは洗濯物を干すためのサンルームを

アルミフレームを使って自作DIYしています。

そこで使用する部品や費用、そしてサンルームの

温室効果や外気との違い、洗濯物を干したときの

乾燥時間などをまとめています。

サンルームを作ることは簡単です。

しかしサンルームで洗濯物を速く乾かす

ことは難しいって知っていました?

自分でサンルームを自作して判った事、

それは、

「洗濯物を乾かすための

 サンルームは不要です!!」

ではどうやって乾かすのか?

 「部屋干しです」

部屋干しは乾きにくいと思われている方が

多いのですが、それは違います。

部屋干しはテクニック1つで外干しよりも

速く乾かせます。

エアコンや乾燥機、除湿器は不要です。

こちらに部屋干しを研究した記事があります。

雨の日の夜間に干しても3時間でおおよそ

乾かすことができます。

良かったらご覧ください。

=====================

(参考記事)

 「回転式乾燥スタンドを自作しました

=====================




今年に入り、サンルーム造りを開始しました。

構想図のような骨格をフレームで作製します。

アルミフレームを以下の長さに切断します。

  L=1,800mm・・・2本

  L=1,500mm・・・4本

  L=860mm ・・・2本

ダンプラのサイズは1,820×910mmなので、

フレームを組んだときにダンプラよりも

若干小さくなるように考えました。

まずは天井となる部分を製作します。

4本のフレームを高強度ブラケットで固定し、

ダンプラよりも若干小さい長方形の骨格を

造りました。

骨格サイズは1,800mm×900mmです。

これでダンプラよりも若干小さめとなります。

フレーム作業で一番手間がかかるのは、

切断とバリ取りです。

組立てはすぐに終わります。

そのため先にフレームをまとめて切断、

バリ取りしておくと作業がスムーズに進みます。

次に天井部分に足を4本取り付ければ、

大まかな構造の出来あがりです。

高さが1,800mmあるので、私もすっぽり

入ることができます。

ダンプラはまだ固定していませんが、

モビリオベッドと同じようにセットスクリューと

ナットを使う予定です。

 まだ補強を追加していないので強度はありません。

明日はここに補強を追加する予定です。

(参考記事)

  大気中にはどんな浮遊物があるのでしょうか?

  何故、部屋干しが臭い?

  洗濯物乾燥を科学する!

  サンルームの構想

  サンルーム製作 天板製作

  サンルーム製作 枠組み製作

  サンルーム製作 パネル取付

  ・サンルーム製作 扉製作

  サンルーム製作 完成

  サンルーム製作のまとめ

  ・サンルーム評価 (ルーム内温度と外気温)

  サンルーム評価 (洗濯物の乾き具合)

  ・サンルーム 反省会

  ・サンルーム 激闘編

  ・洗濯物乾燥のススメ

————————–

今までアルミフレームを使ったことがなく、

初めて挑戦したい方にお助けアドバイスを

無料で実施していますので、

御質問、御相談等はお気軽に連絡下さい。

相談者の声もありますよ。

Link Your Design

————————–

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense2