車中泊vsキャンプ 車中泊編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

こんにちは、マッティです。

昨日からの引き続きです。

②車中泊編

 車中泊はキャンプと違ってあまりメジャーでなく

やっている人はあまりいません。

ハイエースのようなバンを予め購入していないと

車中は狭く、シートを倒してもフラットにならずに

正直寝れません。

 車中泊はレジャーとしての目的というよりは

旅やレジャーの手段として使われる側面があります。

例えば、遠出して釣りにいくときやサーフィンに

いく場合などの仮眠時に利用するケースです。

 車中泊は特に何の準備もいりませんが、

車を止めて宿泊する場所だけ事前に見当をつけて

おく必要があります。

一般的には道の駅や公園でトイレがあって、

24h開放されている場所となります。

夜中や朝方に人があまり来ない場所がいいですね。

私の場合、妻が留守番で子供達だけを連れて旅に

行くときに利用します。

キャンプと違って車中の寝床を整えるのが楽で

どこでも宿泊できる点がメリットです。

 最近では子供達2人を連れて、愛媛県の多治見市へ

車中泊旅行に行きました。

元々は山口県の角島だけ行く予定でしたが、

子供達の要求でどんどん遠出してしまいました(笑)

 実際にそのときの旅行内容です。

  1日目 昼から出発、関門トンネル人道、角島宿泊

  2日目 角島出発、唐戸市場、てつのくじら館、

            しまなみ海道、多治見市宿泊

  3日目 佐賀へ帰宅

当初の予定は角島だけで、それ以外の場所は

その場で決めました。

車中泊はキャンプと違って移動先で宿泊できるため

行動の自由度が高く、気分次第の旅にぴったりです。

この旅の旅費は交通費(ガソリン、高速代)、食事、

娯楽費全て込みで、5万円程度です。

 キャンプと比較した際の車中泊のメリットです。

  ・どこでも簡単に宿泊できる

  ・細かなプランが不要で自由に行動できる

  ・少々の雨でも実行できる

逆にデメリットです。

  ・車中にゆっくり休める寝床の確保が困難

  ・寝れる場所が探す必要がある

  ・人数が多いと行けない

特に車中泊の敷居を高くしているのは、やはり

車中での寝床の確保ではないでしょうか。

しかしそれを簡単に解決できる方法があります。

それがフレームを利用したフルフラット化です。

これについてはまた後日、熱く語ります(笑)

今回の記事は2回に別れましたが、如何でしたか?

旅行を検討されている方の参考になれば幸いです。

 最後に私が旅にこだわる理由は子供です。

私は旅も好きですが、その前に子供好きです。

両親を早くに亡くしてしまったせいか、子供と一緒に

いれる時間は短いと考えています。

だからできるだけ一緒に居たり、旅行をして彼らの

思い出として残るように心がけています。

143

車中泊でもキャンプでも子供は喜びますよ。

それでは皆さん、Happyな日々を!

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense2