自作したサンルームで洗濯物を速く乾かす方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


サンルームってあると便利そうですよね?

しかし実際に業者に依頼すると費用が大変! 

そんな方は試しに自作しては如何でしょうか?

私が作ったこのサンルームはナント3万円台

製作できますよ。

ここでは洗濯物を干すためのサンルームを

アルミフレームを使って自作DIYしています。

使用する部品や費用、そしてサンルームの

温室効果や外気との違い、実際に洗濯物を

干したときの乾燥時間などをまとめています。

サンルームを作ることは簡単です。

しかしサンルームで洗濯物を速く乾かす

ことは難しいって知っていました?

自分でサンルームを自作して判った事、

それは、

「洗濯物を乾かすための

 サンルームは不要です」

ではどうやって乾かすのか?

それは、

 「部屋干しです」

部屋干しは乾きにくいと思われている方が

多いのですが、それは違います。

部屋干しはテクニック1つで外干しよりも

速く乾かせます。

エアコンや乾燥機、除湿器は不要ですよ。

こちらに部屋干しを研究した記事があります。

雨の日の夜間に干しても3時間でおおよそ

乾かすことができます。

良かったらご覧ください。

======================

(参考記事)

 「回転式乾燥スタンドを自作しました

======================




1. はじめに

せっかく自作したサンルームでしたが、

洗濯物を干した結果、あまり乾きません。

この原因については関連記事を参照下さい。

======================

(関連記事)

 「自作サンルームで洗濯物が乾かない?

======================

ここで判った原因を改善することでどれくらい

乾燥が速くなるか調査してみます。

2. 底板の変更 ー除湿ルート改善ー

まずは底板を合板から石膏ボードに変更です。

石膏ボードは合板と異なり強度がありません。

そのため1,820×910mmをそのまま底板に

使用すると中心付近で折れる可能性があります。

まずはサンルームの底板をのせる部分に

フレームを1本追加して補強します。

ホームセンターから9.5mm厚の石膏ボードを

購入して切欠きを加えて設置します。

もうこれで子供がのることはできません(涙)

ダンプラの通気口は加工が少し大変なので

次の一手に残しておきます。

風向きについては扇風機を一番高く伸ばして、

上から下に風を向けました。

まずはこれで天気干しに挑戦です!!

3. 底板変更の効果は?

これまで同様、タオルを使って外干しと

サンルーム内に干した場合とを比較します。

その結果、

     両者 引き分け

かなり善戦しました。(*´∇`*)

やはり湿度の排出がうまくいったようです。

底板に合板を使ったときは約2時間経過しても

ルーム内湿度が70%ほどありましたが、

今回はだいぶ下がっています。

そのため蒸発が促進されて天気干しと

同じくらい乾燥したと思われます。

4. USB扇風機で挑戦!

さて次は風向きを改善します。

風を送るために扇風機を使っていましたが、

今度はUSB端子付きバッテリーを使います。

このバッテリーにUSB扇風機を2台接続して

洗濯物に風を当ててみます。

USB扇風機はルーム内の天井付近に設置します。

これだと電源をルーム外からつなぐ必要がなく、

バッテリーを充電すれば何度でも使えます。

また今度は乾燥率も計算します。

このためだけに秤を購入するなんて、

もはやアホです  ( ̄△ ̄)

乾かす前の重量からある時間経過後の重量を

差し引いて蒸発した水分量を調べます。

5. USB扇風機では乾かない

前回同様、タオルを使って外干しと比較します。

しかしこの日は風が吹いており、

サンルーム内よりも外の方が風が強い。

この時点で天気干しが有利な感じがしますが・・・

気になるその結果は、

・・・やはり、こういう結果です(T_T)

風があるときの天気干しはかなり強い!

これにはなかなか勝てません ○| ̄|_

このように水分率を見ると、両者にどれくらいの

差があるのかがよくわかります。

やっぱりUSB扇風機の風が弱いのが原因です。

1台のバッテリーで2個の扇風機を回して、

約3時間ほど使用できましたが、

1台あたりの風量が少なすぎます。

どんな手を使ってでも外干しに勝ちたいので、

次は元の扇風機に戻して強風で勝負します。

6. 洗濯物を回転させてみる

これまで洗濯物に風を当てただけですが、

次は扇風機の風力で洗濯物を動かします。

扇風機を強風にして洗濯物に風を当てて、

洗濯干しを回転させてます。

漁港で見るイカの天気干しみたいに、

洗濯物がクルクル回転しています。

ちなみにこの日は雨が降った後で日が出てません。

そのかわり前日以上の強風です。

はたして、その結果は・・・

やっと天気干し同等以上の結果です!

同じ扇風機を使う場合でも単に風を当てるより

洗濯物を回転させる方がより速く乾きます。

しかも全てのタオルが均一に乾いています。

しかしあらためて自然のすごさを感じます。

この激闘の末に感じたことを次回まとめます。

(参考記事)

  ・大気中にはどんな浮遊物があるのでしょうか?

  ・何故、部屋干しが臭い?

  洗濯物乾燥を科学する!

  ・サンルームの構想

  サンルーム製作 天板製作

  サンルーム製作 枠組み製作

  ・サンルーム製作 パネル取付

  サンルーム製作 扉製作

  サンルーム製作 完成

  サンルーム製作のまとめ

  サンルーム評価 (ルーム内温度と外気温)

  ・サンルーム評価 (洗濯物の乾き具合)

  サンルーム 反省会

  サンルーム 激闘編

  ・洗濯物乾燥のススメ

————————–

今までアルミフレームを使ったことがなく、

初めて挑戦したい方にお助けアドバイスを

無料で実施していますので、

御質問、御相談等はお気軽に連絡下さい。

相談者の声もありますよ。

Link Your Design

————————–

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense2