アルト車中泊用ベッドで使用する部品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


1. はじめに

ここではアルミフレームを使ってアルトの

車中泊用フラットベッドを製作しています。

しかもこのベッドは遠方の友人からの依頼で

設計、加工は私が担当、最終組立ては友人が

担当する分業となっています。

設計には3D CADを使い、図面で構造や

寸法をお互い確認しています。

自分でイメージしたものを形にする

オーダーメイドになっていますので、

興味があればこちらもご覧ください。

===================

(アルト車中泊用ベッド関連記事)

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 設計

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 加工

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 梱包

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 完成

===================




2. 分解

せっかく組み立てましたが、

輸送するためにこれを分解します。

組み立てた状態では大きすぎますからね。

アルミフレームの利点は分解してもまた

同じように組み立てられることです。

木材では繰り返し組み立てると結合部が

摩耗しますが、アルミフレームは大丈夫。

しかも組立ても簡単なので大物を作って

送ることが可能です。

ブラケットを外してフレームを分解すると、

部品はたったこれだけになります。

意外と少ないですね~

ボルトやブラケットもたったこれだけ。

ナットは全てナットフォルダーでフレームの溝内で

固定されていてありません。

分解したフレームを重ねてみると、

こんなコンパクトになります!

長さが約1,200mm、幅と高さは60mmです。

これだと十分輸送できますね。

ここもアルミフレームの良い点です。

他の木工品など一度分解すると、

次に組み立てるのが大変となります。

しかも釘などは同じ場所に2度打ちできません。

しかしアルミフレームは何度でも同じように

組立てることができるので、このように分解して

輸送することが可能となります。

3. 梱包

フレームを重ねただけでは動いてしまうので、

まずはラップで巻いて固定します。

これはメーカの輸送方法のパクリです(笑)

ブラケットとボルトは小袋にまとめます。

そしてこれらを一緒に梱包用プチプチシートで

ラッピングすれば梱包完成です。

完成品から考えると、だいぶコンパクトです。

組立てると長い方向で約2mはありますからね。

これを友人宅に送ったら送料が

¥1,000ちょっとで済みました。

全て金属なので輸送途中で割れたり破損する

ことは基本的にありません。

そのため安心して送ることができます。

4. 組立て手順書

これで私の作業は終了となりますが、

友人は初めてフレームを手にするため

簡単な組立て手順書を作成することに。

このあたりは仕事の癖ですね~(笑)

写真と現物だけでも十分組立てできますが、

やはり手順書があれば参考になります。

こちらが作成したものです。

(ファイル添付がうまくできなかったので

 写真のみです)

手順書といっても簡単なもので言葉説明はなく

写真だけで作っています。

これだけでもどこを結合するかがわかります。

これを組み立てるために必要な工具は

六角レンチ(サイズ4)のみです。

簡単でしょ! ヽ(‘ ∇‘ )ノ

M5のボルトを締めるだけでこの構造が

作れますので、初心者でも大丈夫!

5. さいごに

後は友人がこれを無事に組み立ててくれれば

2人の共同製作品の完成です。

どんな感じになっているか楽しみです。

初めてアルミフレームを使う場合は寸法ミスや

失敗など不安があるかと思います。

そのようなときは一度、このような形で

触ってもらうことで理解が深まると思います。

=====================

(アルト車中泊ベッド 関連記事)

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 設計

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 加工

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 梱包

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 完成

=====================

アルト以外にも車中泊用ベッドをフレームで

製作していますのでご覧ください。

=====================

(車中泊ベッド 関連記事)

  「モビリオ 車中泊用ベッド製作

=====================

————————–

今までアルミフレームを使ったことがなく、

初めて挑戦したい方にお助けアドバイスを

無料で実施していますので、

御質問、御相談等はお気軽に連絡下さい。

Link Your Design

————————–

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense2