テラス一覧

(共同DIY)勝手口に目隠しと屋根自作、雨に濡れない快適生活

勝手口に屋根がないと扉を開けたときに雨に濡れることがよくあります。そこで屋根と目隠しをアルミパイプを使ってDIYしました。狭くて細長いため市販品が使えませんが、DIYすれば解決!簡単かつ自分の好きな屋根を安い費用で作ることができます。DIY初心者でも作れる内容となっていますよ。

(共同DIY)マンションにテラス屋根を自作

マンションの庭に4mサイズのテラス屋根を共同DIYしました。アルミパイプとポリカ波板を使って庭のほとんどを覆う大がかりや屋根です。100均にある工具だけを使用し特殊工具は一切使いません。アルミパイプを初めて使われる方ですが、こんなものまで作ることができますよ。

(共同DIY)雪除けのポリカ屋根を自作

アルミフレームとポリカ板を使って住宅に屋根を共同DIYしました。この屋根は雪除け用の屋根でまとまった雪が1Fまで落雪しないために取付けます。屋根サイズは幅10m×長さ760mmとかなり長い屋根です。屋根の組立てやポリカ板の加工、取付、屋根の設置まで全てDIYで行いました。

雨避け屋根がある自転車置き場を簡単DIY

ゲリラ豪雨や大雨でお困りの方必見!!このような雨でも濡れることがない自転車置き場をアルミパイプでDIYしました。奥行き8m、高さ2.5m、幅1.8mのサイズながら、台風でも壊れない強度を持っています。特殊な工具は不要で5万円程度で簡単に作れるのでオススメです。

相談サポート事例の紹介(Uさん)

DIYが苦手な人でも安心してアルミフレームやパイプが使えるように相談サポートを行っています。今回、降雪地域に住むUさんからテラス屋根を作りたいという相談がありました。屋根の傾斜を自由に変えられるちょっと不思議なものです。

テラス屋根に目隠し壁を追加DIY

総費用5万円以下でアルミパイプを使ったテラス屋根を自作DIYしました。幅4m、奥行き2.5m、高さ3mのサイズです。屋根だけでなく目隠し用の壁も追加で取付ました。特殊な工具等も必要なく、誰でも簡単に作れますのでオススメですよ。

台風21号通過後の自作DIYしたテラス屋根

アルミパイプでテラス屋根を自作DIYしましたが、大型台風がきたときに耐えうるのでしょうか?先日、大型台風21号が通過して久しぶりに強い風が吹き荒れました。φ28mmのアルミパイプにタッピングビスで波板を固定したテラス屋根と台風21号との戦いの結果は如何に!?

テラス屋根の質問コーナー

アルミパイプを使って借家に分解可能なテラス屋根を自作DIYしました。3万円程度の費用で簡単に作れる屋根ですが、約3×4mと大きなサイズで自転車やバイクも複数台停めることができます。どうやって傾斜をつけるの?、アルミって錆びないの? そんな質問に答える記事となっていますよ。

スポンサーリンク
adsense2
adsense2