Link Your Design

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


LINK YOUR DESIGNとは、

「アルミフレームやパイプのDIY サポートページです」

自分で作ったデザインをアルミフレームやパイプを使って完成品につなげる(リンクする)

そう意味を込めたサポートサイトです。

自分で設計から部品選定、製作、施工まで何でも出来る人は既に専門家です。

しかしそこまで達するまでにたくさん失敗や苦労があります。

そんな専門家にならずとも数人の知恵や経験を持ち寄れば同じことができるのではないか、

そう考えて立ち上げました。

DIYを始めたばかりの人や私のように趣味で色々作っている人にも得意、不得意はあります。

作る知識や技術がなくてもデザイン空間の使い方が得意であったり、

他人にはないアイデアを考えつくことが得意な人もいます。

お互いの得意な物をつなげて(リンク)、協力して実物へとつなげる(リンク)、

そんなサイトになれればいいなと考えています。

これまでもサンルームテラス屋根バイク小屋雪避け屋根パーゴラ

ペット用ゲージや柵競技用ハードル車中泊ベッド等色んなものを相談いただきました。

私自身、アルミパイプやフレームにこれほどの用途やアイデアがあったのかと

驚くことも多いです。

またポリカやアクリル板を望まれる方が多く、コストダウンを検討することで

メーカの半額ほどで購入できるルートも見つけることができました。

これから検討される方にはとても朗報だと思います。




1. はじめに

最近、DIYをされる方が増えておりたくさんのDIYサイトがあります。

その中にはプロ顔負けの作品も多数あり私もよく拝見させています。

しかしその記事を見て同じ物を作ろうと思ってもなかなかそれはできません。

確かに製作方法や手順も判りやすく説明されていますが、

正直それを見て同じものを作れる人はその製作者と同じ技量を持つ人だけです。

せっかく興味があって見ているのに作れないってちょっと悲しいですよね。

ここでは記事を見た方に同じ物や自分なりにアレンジした物を作ってもらえるように

したいと考えています。

しかし記事を読んだだけでは他のサイトと同じことです。

そこでこのサイトでは欲しい物を一緒に考えて作るというコンセプトをとっています。

1.1 どんな物が作れるの?

私が製作する物のキーワードは、「簡単」「誰でも作れる」です。

そのため例えDIYを始めたばかりの人でも同じように製作できるように、

製作品にいくつか制約を設けています。

製作品の制約

・木材は極力使用しない

DIYをされる方の大半は木材を使った製作品に興味を持たれていると思います。

しかし私の作品では極力木材を使用しないように心がけています。

それは木材が悪いわけではなく、木材を使ったDIYには技術や経験を必要とし

同じ物を作ろうとしたときに再現性が低いためです。

しかし簡単な合板や野地板加工程度は作品集でもいくつか紹介しており、

全くできない訳ではありません。

もし木材の取扱いに慣れている方であれば、その技術をそのまま活かして

フレームやパイプと融合されても良いかと思います。

・アルミフレーム、パイプが主材料

ここのDIYはアルミフレームアルミパイプが主材料となります。

理由は、これらの材料は設計に自由度が高く、技術や工具を必要としません。

アクセサリ部品を応用すれば機能を持った物も作ることができます。

特殊工具や工作機も不要で100均にある工具だけで簡単に組み立てることができます。

しかも3D CADが使えるため、事前に作る物を様々な角度から見ることができ、

お互いのイメージのミスマッチや設計ミスなどが非常に少なくなっています。

例えばこれまでこのような物を3D CADで設計してきました。

軽トラ トノカバー

キャンター車中泊用ベッド

サンルーム

飼育用ゲージ

バルコニーの囲い

雪避け屋根

パーゴラ

アルミフレームやアルミパイプについてはこちらをご覧ください。


アルミフレーム、パイプの紹介

アルミフレームやパイプって身近で見かけることは少ないですが、工場などでは一般的に使われている材料です。アルミは軽くて強く、さらに錆びることもありません。これを専用のコネクタを使って色んな形に組み立てていきます。機能性部品もあるのでアイデア次第で可能性は広がる材料です。


・賃貸住宅やマンションでも製作可能

DIYというと持ち家の方が多くされてるようですが、ここでは賃貸住宅マンション

お住まいの方も製作できるDIYも可能です。

壁や天井を傷付けずに元に戻せる方法や大きな音やゴミがでない方法を採用しています。

そのため壁や柱に釘やビスを直接打ち付ける工法はあえて取らないこともあります。

この辺りはケースバイケースなので相談に応じて対応します。

1.2 このDIYのメリット、デメリット

上記のような制約のもと、作品を作っているのでメリット、デメリットがあります。

そのため御自身の作りたいものと照らし合わせて考えてみてください。

メリット

・自分で好きな形に設計できる

設計の自由度が高く、部品の種類も多いので色んな物を作ることができます。

収納棚やキッチンカーテン、サンルーム、テラス屋根、フェンス、自転車小屋など

大小問わず欲しい物を欲しいサイズ、構造で作ることができます。

組立てが簡単なので既存のスペースに合った複雑な形状や既に設置している家電や家具等を

動かすことなく、組み立てることも可能です。

アクセサリと呼ばれる機能性部品(ヒンジや回転、昇降等の可動部品、コロなど)

数多く用意されているので、組み合わせるだけで色んな動きが実現できます。

これまで私が作った物はこちらから見れます。


アルミフレームやパイプの作品集

アルミフレームやアルミパイプを使ってDIYした作品集です。小さい収納棚から4mもあるテラス屋根まで様々なものを作ってきました。ディアウォールのような縦突っ張りして構造が作れる物や可動機構のある物などアイデア次第で面白い物が作れます。今後も更新していくのでたまにチェックしてみて下さい。


・特殊な工具や技術が不要

一般的なサイズのアルミフレームやパイプであれば金物用ノコギリで切断できますし、

組立ては六角レンチのみでボルトを締めるだけの簡単作業です。

釘打ちや切断加工などの技術を必要とする作業はありません。

誰が組み立ててもほぼ同じ物が出来あがります。

さらに木材と違って固定した後に簡単に位置を調整できるので複雑な形状でも作りながら

合わせこみができます。

またもし不要な場合も簡単に分解して、部品を再利用することもできます。

・軽くて強度がありどんな場所でも使用できる

アルミなので軽く強度があり、そのため同じ強度でも木材よりコンパクトに作れます。

錆びずに耐久性に優れるため水回りでも使用可能で不燃材なので火元付近でも使えます。

屋外や浴室、キッチンシンクなどで長期に使用しても錆びることはありません。

使う場所を選ばない点が非常に優れた材料です。

デメリット

・色や雰囲気が単一になる

アルミフレームやパイプは一般的に銀色で出来上がりは金属光沢のあるものになります。

メーカでも色つきは黄色くらいしか取り扱っていません。

もし金属塗装の知識や経験があれば塗装フレームも可能です。

・材料の入手が困難

一般的にはミスミやモノタロウといったweb商社を経由して購入できますが、

個人購入はなかなか難しいかもしれません。

しかも自分で必要な部品の長さや種類、数量を調べてそれぞれ注文するので

手配するのも大変です。

しかし「LINK YOUR DESIGN」を利用すればメルカリなどを使って

手軽にアルミフレームやアルミパイプを購入することができます。

しかも既に設計されて必要部品の種類や数量がまとまった部品リストが手に入り、

注文も一括で一回で済みます。

詳しい内容はこちらをご覧ください。


(アルミフレームの購入方法)

アルミフレームやパイプの欠点は入手性の悪さです。ホームセンターでは販売されておらずほとんどネット販売のみです。一般的にはミスミやモノタロウなどのweb商社経由で購入しますが、個人では難しいです。しかしメルカリなどでも購入でき、必要部品を一括購入できる方法がここにはありますよ。


2. サポート内容

私のできる範囲でのサポートなので無料で行っています。

(ただしブログの記事にしたいとお願いすることはありますが)

そしてサポートする際に特に力を入れている点は次のことです。

ポイント① 「なるべく安くできる方法を考える」

部品のお見積りをする際に全てメーカ品を使うと高くなることがあります。

特にアルミフレームは100均部品との相性が良いため、100均部品を取り入れることで

コストを抑えることができます。

樹脂パネルを使う場合はメーカからではなく、別ルートで購入してコストダウンしています。

また運送費用との兼ね合いでご自身で加工や調達した方が安い場合などは調達先や

加工方法などを紹介しています。

ポイント② 「ネジ1個まで可能な限り部品を集めて送る」

部品の見積もりを出す際によく細かい部品も一緒に頼まれるケースが多くあります。

そのため組立てに必要な部品を極力集めてお届けできるようにしています。

こうすることで相談者の方がすぐに組み立てられるようになるからです。

ただし常に100%部品を調達できる訳ではありませんので、

もし調達できない場合は代替えの調達ルートを紹介するようにしています。

ポイント③ 「初めての人もできる組立説明書を作る」

これまで相談を戴いたほとんどの人がアルミフレームやパイプを使ったことがありません。

そこで誰でも組み立てられるようにどの部品をどこに使用するのか、どのような手順で

組立てるのかを写真や図を使って説明した組立説明書を必ず作成しています。

ご要望があればYoutubeで動画を作成してそちらを参考にしてもらうこともあります。

もし工具や部品を購入される際もどのような物を良いか、一緒に考えます。

ポイント④ 「組立て後の修正にも可能な限り協力する」

組立てた後に寸法の違いや修正したいこともたまに出てきます。

その際、アルミフレームやパイプを相談者ご自身で加工する必要があります。

私の手元にはある程度の部品を持っていますので同じような加工や作業を写真や

Youtubeでお見せして、安心して作業できるようにしています。

ポイント⑤ 「満足いく物ができるまでお付き合いする」

このサイトの目的はアルミフレームやパイプを販売することではありません。

(メーカから紹介料などももらっていません)

ここでの目的は満足いくものを一緒にDIYすることにあります。

そのためお互いが満足いく物ができるまでトコトンお付き合いしています。

例えば予算よりもオーバーした場合などは部品や設計を見直してコストダウン案を考えたり、

希望に見合う部品を探したりもしています。

ただし以下のような場合、私がサポートできないこともありますので御了承ください。

 ①私自身経験がなく正確なアドバイスができない

 ②費用が発生する場合(何かを購入して試すなど)

 ③私が伺って一緒に製作する(遠方の場合)

次に具体的なサポート内容や進め方を説明しています。

①相談・質問サポート

アルミフレームやパイプを使った経験がある方で部品の種類や使い方などの質問にお答えする

サポートです。

例えばこれまでの製作品で使用した部品の型式や強度計算など疑問にお答えします。

加工や組立てに関する疑問にもわかる範囲でお答えしますのでまずは気軽にお尋ね下さい。

②共同DIYサポート

こちらはアルミフレームやパイプをこれまで全く使ったことがなく、

自分の希望する物を設計から考えたい場合のサポートです。

この場合は設計から一緒になって考えて、図面や部品リスト、組立図などを作ります。

こちらの相談が多いため、このサポートをもう少し具体的に手順をおって説明します。

2-1 製作品の構想を考える

アルミフレームの一番の特徴である自由な設計を最大限活用するために、

欲しい物をご自身でどのような物にするかイメージしてください。

不雑な形状や可動機能など何でもいいので、

まずはこんな物が欲しいというイメージを作って下さい。

またはほかのサイトで見た物を作りたい、もしくはアレンジしたいでも構いません。

そしてそのイメージを写真やスケッチ、イメージ図などで私に教えてください。

私の方で製作可否や製作のポイントなどをまずは考えてみます。

2-2 3D CADでの設計

私から何度か質問させてもらい、どのような物を目指すのかお互いのイメージを合わせます。

実はこの作業が最も時間がかかるところです。

複雑な物になると1か月以上かかることもあります。

メールや電話のやり取りだけでは意外と意思の疎通は難しいものです。

そのためここはじっくり時間をかけて納得いくまでお互い相談します。

それが終われば3D CADで図面を作成して具体的な設計を進めて、

図面を見ながら最終的な形を目指していきます。

2-3 概算費用の計算

設計が終了すれば部品リストを作成して見積もりをお出しします。

もしこの時点で予算を越えて製作を辞めることになってもOKです。

自分で作って長く使うものなので納得いくようにしてください。

コストダウンをする場合は一度設計に戻って部品の変更やメーカでの加工負担を減らしながら

どこまで御自身でできるかを検討します。

2-4 手配、発送

製作することが決まれば注文をいただき、御自宅まで部品を発送致します。

部品はメーカから直接発送しますので、運送費用もお見積りに含まれています。

ポリカ板やアクリル板などの樹脂材は別の商社から直送となります。

御自宅の住所によってお届け日が変わりますが、約2週間前後となっています。

2-5 組立て、完成

部品が届いてもどこに何を使うかがすぐに分からないと思います。

そこで部品の型式を記入した組立図を作成してお送りします。

また組立て時の疑問、質問などにも対応しますので気軽に連絡してください。

具体的な流れについては過去のサポート事例を参考にしてください。


(仙台市 Kさんのご相談)

軽トラの荷台に取付けるトノカバーをアルミフレームでDIYしたいとのご相談です。トノカバーとは荷台をすっぽり覆ったカバーでヒンジを使って簡単に開閉できるようにしたものです。このカバーの設計や取付方法など一緒に考えて共同DIYしました。


3. 部品の購入方法

「LINK YOUR DESIGN」ではweb商社からではなく、メーカから部品を購入します。

そして購入した部品はメーカから直接発送、お届けする仕組みとなっています。

ただし1個だけ注文や見積もり費用が安い場合はメーカから運送費を要求されます。

金額の目安としては¥3,000以上と考えておいてください。

またお住まいの場所によってはメーカの営業所がないところもあります。

その際はメーカからの直接発送ができないこともありますのでご了承ください。

この購入方法メリットは次のことがあります。

① 4mの長尺物や重量物を御自宅まで発送できる

アルミフレームやパイプのメリットとして4mまで長尺物があることです。

そのため普通の部屋であれば端から端まで部品を渡すこともできますし、

屋外で大きな小屋も作れます。

しかしこれだけ長い物を購入すると軽トラでも借りないことには自宅へ運べませんが、

自宅まで納品して貰えるので大変便利です。

② 運送費用はメーカ負担

どんな長尺物でも重量物でも運送費用はメーカ負担となりますので、

届けたからといって費用が高くなることはありません。

樹脂板も同じで送料込の全て送料込の費用となっています。

③ 部品を一括購入できる

web商社で購入する場合、部品の種類や数量を自分で計算してそれぞれ注文するので

大変手間がかかります。

しかしここでは部品リストがあるため1つの注文で全ての部品を一括購入できます。

部品の間違いや数量違いも減らせて無駄な出費が抑えられます。

④ 決済方法が選べる

web商社など企業から購入する場合は決まった決済手段となりますが、

ここでは様々な決済方法が選択できます。

例えばメルカリを使った購入なども可能です。

4. 決済方法

「LINK YOUR DESIGN」では口座振り込みやECサイト経由など様々な購入ルートが

ありますので、お好きな方法で購入できます。

① 口座振り込み

 ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行 など

(ご相談に応じて口座開設も可能です)

メインで利用しているのはゆうちょ銀行への振込みとなっています。

② ECサイト

 BASE、minne

(各ショップのアドレス)

  BASE:https://framelab.thebase.in/

  minne:https://minne.com/@frame-lab

③ その他

メルカリ (ご相談に応じて他のサイトも対応します)

どの方法を使うかで手数料が異なりますのでそちらはご負担願います。

これ以外の購入方法をご希望の際は御連絡ください。

5. さいごに

これまで多くの方と一緒にアルミフレームやパイプのDIYを行ってきました。

ほとんどの方が初めてアルミフレームに触る方でしたが、皆さん完成されました。

性別や年齢に関係なく、70歳に近い大先輩もご利用いただいています。

アルミフレームやパイプとても便利な材料なので多くのシーンで利用できます。

是非、DIYで困ったりこんなものが作れると嬉しいなどありましたら、

気軽に御相談下さい。

こちらに簡単ながら私の自己紹介をしていますので興味があればご覧ください。

フレームDIYラボ マッティのプロフィール

もし不明点やご相談がありましたらお問い合わせフォームよりご連絡ください。

その際、どんなものを作りたいかを簡単に教えてもらえるとすぐに返事ができます。

(空メールについてはお返事できないケースがあります)

  「お問い合わせ

また直接、メールで連絡したい場合はこちらまでお願いします。

E-mail:6092比呂@gmail.com

(比呂をローマ字4文字に変換)

6. サポート事例集

これまでのサポートの参考事例をまとめています。

よかったら参考までにご覧ください。


(サポート事例集)

これまでアルミフレームやパイプを使ったDIYの相談サポートや分業サポートを行ってきました。なかなか自分一人で作ると大変なDIYですが、一緒に作ると色んなアイデアが出て自分だけのオリジナル品が作れます。構造だけでなく設置方法や操作性まで私の経験の範囲で何でもアドバイス致します。


7. よくある質問集

よくいただく質問をまとめています。

気になることがあればご覧ください。

    「質問集

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする