賃貸住宅に壁面収納できる壁掛けテーブルをオンラインDIYで自作

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

1. はじめに

ここではアルミフレームやアルミパイプを

使ったDIYを紹介していますが、

LINK YOUR DESIGNという

オンライン共同DIYも行なっています。

これはアルミフレームやパイプのDIY

一緒に協力しながら行う活動です。

アルミフレームやパイプは大変便利な材料で

木材にはない優れた特性がありますが、

普段身近にないため使い方がわからない

という欠点があります。

そこでアルミフレームやパイプの使い方、

設計などをアドバイスしながら初心者でも

安心してDIYできるようにするものです。

これまでの共同DIY事例はこちらで見れます。


(共同DIYサポート事例集)

アルミパイプやアルミフレームを使ってみたいという方と一緒に共同DIYを行っています。これらの材料はとても便利ですが入手性の悪さからあまり知られていません。そのため部品選定や使い方、加工、組立方法など初めての人はわかりにくいです。そこで共同DIYでは誰もが扱えるようにサポートしています。


今回の相談者は東京在住のWさんです。

WさんはYouTubeで賃貸住宅向けDIYを

紹介されています。

とてもセンスが良い方で

どれもオシャレな仕上がりになっています。

今回はWさんと壁面収納できる

壁掛け折り畳みテーブルをDIYしました。

Wさんのリクエストで全体を黒に統一して

シックな雰囲気になっています。

普段は長いテーブルとして利用しますが、

折り畳んで壁に立て掛ける事もできます。

今回は壁面収納できる折り畳みるテーブルの

DIYを紹介します。




2. Wさんとの出会い

WさんにはYouTubeを見ていただき、

連絡を戴きました。

話をしていくと同じ佐賀出身で意気投合。

お互い駆け出しのYouTuberなので

色々悩みなども相談させてもらいました。

またWさんはPCに詳しくてZOOMを使った

オンラインミィーティングを行いました。

この動画ではオンライン共同DIYの様子が

ご覧いただけます。

CADだけでなく実機で説明できるので、

より分かりやすいと思います。

3. Wさんの相談内容

こちらはWさんから戴いた相談内容です。

(一部抜粋)


掲題の件につきご相談させていただきたく、

ご連絡差し上げた次第となります。

壁面収納可能なテーブルをアルミパイプにて

製作したいと計画しており

その指南を行っていただけないでしょうか?

普段はスペーシアを使って作成していますが、

SUSアルミフレームにチャレンジしたいと

計画しております。

UnitDesignをインストールしましたが、

CADデータ作成で四苦八苦しております。


こちらが戴いた構造図ですが、

とても面白い機構のテーブルです。

普段はテーブルを壁面に収納します。

そしてテーブルを使う時は倒して使います。

私は普段からこの材料を触っていますが、

こんな機構は思い付きもしませんでした。

DIYのポイントはテーブルの可動部分です

これをどのようにして実現するか考えます。

4. 壁面収納壁掛けテーブル設計

4.1 壁面収納壁掛けテーブルの材料

そこで今回はアルミパイプを利用します。

設計によっては工具不要で組立作業ができ、

今回のテーブルの脱着も利用できそうです。

アルミパイプはイレクターパイプよりも

優れた点が多くて大変便利な材料です。


(アルミパイプの特徴)

 家庭DIYで利用する金属パイプにイレクターパイプがあります。アルミパイプも同様な用途で利用できますが、イレクターパイプよりも優れた特徴がいくつもあります。ここではイレクターパイプとの比較やアルミパイプの種類について、詳しく紹介しています。


これを選んだのには2つの理由があります。

理由① 可動部品が使える

このDIYのポイントであるテーブル可動部に

最適な部品がアルミパイプにはあります。

ピンコネクタという部品で中に

ベアリングが組み込まれています。

そのためスムーズに回転することができ、

これを利用してテーブル可動を実現します。

理由② 突っ張りが使える

このテーブルは壁に立て掛けるため

壁に固定する必要があります。

ここでは床と天井の間でパイプを突っ張って

固定しますが、これができる部品もあります。

アルミパイプは便利な部品が用意されており、

簡単に使えるのでとても便利ですね。

材料が決まればCADで設計します。

4.2 壁面収納壁掛けテーブルのCAD設計

アルミパイプは専用の3D CADソフト

設計することができます。

ソフトはメーカから無料で提供されており、

誰でも自由に利用することができます。

インストール方法や簡単な使い方は

こちらの記事で紹介しています。


アルミフレームの3D CAD設計)

 アルミフレームやアルミパイプには専用の3D CADが無料で提供されています。そのためこれを使えば作る前に色んな角度から見ることが可能となり、設計ミスが少なくなります。さらに部品の長さや種類、数なども自動で計算してくれるので部品手配ミスや加工ミスも低減することができます。


こちらが設計したCAD図で収納した状態です。

テーブル脚は折りたたんで内側に納めます。

可動部のピンコネクタはロック機構がなく、

そのままだと動いてしまいます。

そのため別のコネクタでロックします。

その際に工具を使わず作業できるように

ノブボルト付きコネクタを使用します。

次にこちらがテーブルにした状態です。

ロックした部品を外してテーブルを倒し、

テーブル脚が動かないようにロックします。

ここはCADで説明しても分かりにくいので、

モックアップを作ってZOOMミーティングで

実際の動作を確認してもらいました。

私の手元には普段から沢山の部品があるので

実際に作ってみて確認する事ができます。

これもオンライン共同DIYのメリットです。

実物を作る前に事前に確認できれば

失敗するリスクを減らす事ができます。

テーブルを支える2本の柱パイプは

床と天井の間で突っ張り固定します。

ここではアジャスターを使用しますが

どんな場所でも突っ張り固定できます。


(アーネストワン住宅キッチンカウンターに目隠しカーテンDIY)

キッチンは生活感が出る場所で他人には見せたくない場所の1つです。そこでアルミパイプを使ってキッチンカウンターに目隠しカーテンを自作しました。突っ張りで固定しているので賃貸住宅でもOK!場所を選ばずどんなところでも簡単に取り付けることができます。作業動画もあるので是非ご覧ください。

(クローゼットを自由にアレンジ!収納ハンガーラックをDIY)

アーネストワン建売住宅の寝室にあるクローゼットは広いものの棚やハンガーラックはありません。そこでアルミパイプで自由にアレンジできる収納ラックをDIYしました。アルミパイプを床と天井で突っ張って固定し、色んな収納棚やックを自由自在に作ることができます。

(突っ張り棒を使わない目隠しカーテンDIY)

 突っ張り棒を使わずに外れない目隠しカーテンを洗面室にDIYしました。アルミパイプを使えば簡単にしかも強力なカーテンをどこでも作ることができます。パイプ径もφ28mmと細いため場所を取らず見た目もシンプルです。使う工具も六角レンチ程度で1時間程度で作れる簡単DIYとなっています。


こちらの図面にはテーブル板がありませんが、

こちらはWさんの方で用意されます。

また今回は見た目を良くするために黒塗装に

こだわりました。

アルミパイプは金属色と黒塗装が選べるので

インテリアとしても利用できます。

これでCADによる設計は終了です。

4.3 壁面収納壁掛けテーブルの製作

CAD設計が終われば使用部品を購入します。

メーカではパイプを指定長さで用意するため

自分で切断する事はありません。

基本的には届いた部品を組み立てる作業です。

Wさんは初めてアルミパイプを使われるので

こちらで組図を作ってお渡しします。

これを見れば部品を使う場所がわかるので

組立作業がとても楽になります。

アルミパイプはコネクタを使って組立てます。

コネクタは六角レンチでボルトを締めるだけ

単純作業で初めての人でもすぐに扱えます。

この技術不要の取り扱いの容易さが

オンライン共同DIYを可能にしています。


(アルミパイプの組立て方法)

 アルミフレームやアルミパイプの組立ては六角ボルトを締めこむだけの簡単作業です。六角レンチ1本あれば全てを組み立てることができます。ウチの小学2年生の子供でもこの通り。誰が作っても同じように組みあがるので技術が要らず、初めての方やDIYしない人も安心して利用できます。


こちらはテーブル板を取付ける前です。

壁掛け部分と2本の足でテーブルを支えます。

手前の銀色の部品がピンコネクタです。

この部分は自由に回転します。

壁面収納するとこのような感じです。

Wさんからもらったイメージ図通りです。

ドアとソファの狭い隙間にピッタリ収まり、

スペースを有効利用したいいアイデアです。

そしてついに完成です。

とてもオシャレな感じに仕上がります。

これまで私もたくさんDIYしてきましたが、

こんなにカッコよくできた事はありません。

インテリアのセンスがある人であれば

こんなにカッコよく作れるのでしょうね。

この状態はテーブルとしての形ですが、

壁に立て掛けて収納するとこんな感じです。

存在感があったテーブルが無くなっています。

壁に何かある感じはありますが、

これがテーブルとはなかなか気付きません。

こちらの費用はアルミパイプ部品だけで

約2万円となっています。

これにテーブル板が必要となります。

黒塗装品は費用が2割ほど高くなります。

可動部のピンコネクタも狙い通りの動きです。

ただ恥ずかしながら私の失敗がありました。

ピンコネクタを使ったパイプが10mm長くて

入らない事態に…。

私のCADソフトのバージョンが古く、

ピンコネクタが登録されていなかったので

他のコネクタで設計したためのミスです。

そのためWさんにその場でパイプを

切断してもらいました。

私のミスをカバーしてもらい大変助かりました。

5. さいごに

壁面収納壁掛けテーブルDIYは

如何だったでしょうか?

アルミパイプには可動部品があるので

アイデア次第で色んな物が作れます。

しかも設計さえ出来ていれば実作業は

ボルトを締めて組み立てるだけです。

オーダーメイドで自分で考えた物が届き、

その部品を組み立てるだけで作れます。

これがオンラインでできる点が面白いですね。

店舗に行くこともなくwebで探すこともなく、

簡単なスケッチを描けば欲しい物が作れます。

これからのDIYは1人で悩んで試行錯誤を

繰り返すものではなく、

オンラインで協力しながら作るものかも

しれませんね。

DIYは一人で行うと難しい事も多いですが、

一緒に取り組む事でできる範囲も広がり、

色んなものが作れるようになります。

LINK YOUR DESIGNでは

そんな皆さんのDIYを応援していきます。


アルミフレームやパイプを使ったDIYを

一緒にしてみませんか?

 DIYする時間や工具がない

 普段DIYをしないので自信がない

そんな方にも安心で手間がかからず

欲しい物が手に入るオンライン共同DIYです。

一人で考えるよりも複数人で考えた方が

よりいいアイデアも生まれます。

まず設計や構想は御自分で考えて

欲しいものをイメージしてください。

もし自分で加工から組み立てまでされる方は

必要に応じてアドバイスを致しますし、

手間な部品手配や加工をしたくない方は

こちらで設計して組み立てる状態の部品を

お送りすることもできます。

初めて使う材料で不安な方も安心して

チャレンジすることができますよ。

気に入った物が見つからない場合は

試してみては如何でしょうか?

詳しいサポート内容や進め方は

こちらで説明しています。

Link Your Design

これまでのサポート事例はこちら。

 「サポート事例集

より詳しくアルミフレームやアルミパイプを

知りたい方は動画で実物を使った説明や

DIYしている様子を見ることができます。

フレームキャンパス





スポンサーリンク
adsense2