大分県九重町で自然の緑を楽しもう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

大分県の九重町に車中泊したときの様子を紹介します。

特に5月は新緑が綺麗なので山を走ると青々しい緑を見ることができます。

近年ではコロナも流行しており密集した場所へはなかなか行けないので、

ドライブをしながらこの緑を見るのもとてもいいと思います。

この町にある九重山は九州で最も高い山の一つです。

今回訪れた牧之原峠は登山客にも人気があり、

この季節にはたくさんの人が訪れていました。

ちょうど天気も良かったので空の青さと新緑のコントラストがキレイです。

こちらは登山口です。

昔ここから登ったことを覚えています。

私たちは登山の道具を準備してなかったので今回は登りませんでしたが、

朝から登れば夕方には戻ってこれるルートもあります。

牧之原峠から少し下ったところに長者原湿原があります。

ここは軽装でも散歩できるコースになっており2人で2時間ほど散策しました。

この日は日差しが強いものの、少しひんやりして気持ちがよかったです。

この季節は新緑がとてもきれいです。

例年であれば家族でキャンプをしますが、今年は非常に混雑していたため中止しました。

九州には筑後川と言う最大の河川がありますが、実はこの河川の源流がこの長者原です。

ここから湧出た水が周囲の河川と合流し最後には筑後川になっていきます。

この後は温泉と食事を求めて湯布院へ向かいました。

やはりコロナ禍の影響で人ではさほど多くありませんでした。

うちの次男は車中泊の際は必ず牛肉を食べます。

今回の目当ては豊後牛のステーキです。

特に下調べもしておらず湯布院駅の近くにある「」と言うお店に入りました。

こちらでは食事やお酒も飲める落ち着いた店舗になっています。

ここで息子は豊後牛ステーキ丼を注文し、私は地鶏焼きにしました。

地鶏焼きは歯ごたえがありとてもおいしかったです。

次男はステーキを分けてくれるという約束を忘れるほど夢中で食べていました(笑)

やはり食事は旅の楽しみの1つですね。

食事の後は近くの温泉に行きます。

このとき既に20:00だったので旅館やホテルの日帰り温泉は空いてません。

そこで見つけたのが「乙女温泉館」です。

こちらは6:30~22:00まで空いている地元銭湯のような温泉です。

料金も200円と安く、薬師如来像の前にある賽銭箱にお金を入れます。

入浴料というよりもお風呂をいただくお賽銭といった感じです。

シャンプーや石鹸の据え付けは無いのですが30円ほどで販売されているので大変親切です。

お風呂の後は寝る場所を探します。

今回は「道の駅ゆふいん」で車中泊することにしました。

こちらの道の駅も駐車場が広く多くの車中泊の車が止まっていました。

高速道路の出口の近くなので遠方から来られる人も便利かもしれません。

次の日は湯布院の街を散策します。

普段は人が多くてなかなか回れませんが、

コロナの影響で観光客が少なくゆっくり回ることができました。

まずは金鱗湖に行きました。

それほど大きくない湖ですが周りにはいろんな建物があります。

湖もとても綺麗で湖面に周りの景色がそのまま写っています。

金鱗湖に流れる川はお湯が湧き出ているのか水温が高くなっています。

そのため小さな魚がたくさんいました。

池の中にも大きな鯉がたくさんいて1年中水温が高いのかもしれませんね。

次に訪れたのは龍門の滝です。

滝が2段になっており滑り台のように楽しめる滝になっています。

中洲のような場所でテントも設営できそうです。

ただ周囲のお土産屋やお店が閉店しており、ちょっと寂しい感じもします。

昔はここでキャンプなどもされていたのかもしれません。

ただ新たにバンガローを建設されていたので近いうちにアウトドアを楽しむ施設が

できるかもしれません。

最後に近くの温泉に入ることにしました。

向かった温泉は「里山温泉 四季彩の湯」です。

こちらはとても珍しい温泉で全て独立した建屋型の家族風呂となっていますが、

そのお湯を毎回入れ変える仕組みです。

私たちが建屋に入った時はこのようにお湯が全く入っていません。

その後、約10分ほどでこのようにお湯が満タンになります。

毎回お湯を抜いて入れ替えるので大変清潔です。

ちょっとお湯が熱めなので水で薄めて入浴した方がいいですね。

窓を開ければ開放的な景色が見れてとてもゆっくりした時間を過ごせます。

こちらの温泉は一棟 1時間あたり1000円です。

人混みが気になったりキレイ好きな方にはお勧めの温泉です。

温泉を出た後自宅へ戻ります。

お昼を過ぎていたのでお昼をとりながら帰ることにしました。

基本的に私たちの車中泊では次男が行きたい場所を全て決めます。

当然昼食も次男が決めますが、最近お気に入りの高専ダゴへ行くことにしました。

ただ残念なことにその日は定休日だったので、

今回は想夫恋へ行くことにしました。

こちらは日田焼きそばの専門店で九州の各店に店舗があります。

目の前にある鉄板で焼きそばを焼いてくれるので食べる前からとても楽しみです。

味もしっかりしており、ちょっと焦げ目がついて硬くなった感じが歯ごたえをよくします。

今回の旅はこれで終了です。

車中泊の旅では食事や温泉くらいしか人と接することがないので

人混みを避ける旅行としては最適かもしれません。

ドライブと一緒に車中泊をされても楽しいかと思いますよ。

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense2