みんなで自作!アーネストワン クローゼット棚DIY集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


1. はじめに

アーネストワンの建売住宅のクローゼットやパントリーには専用の棚受けレーンが

取付けられているものの、棚自体はオプションで別途購入が必要です。

しかもこれがそこそこ高い・・・

ただしあの金額は別に高すぎるものではありません。

これは自分でDIYしてわかったことですが、使われている棚板や金具などを考えると

そこそこ妥当な費用だと思われます。

しかしできればもっと費用を抑えて手に入れたいですよね。

そこで以前、他の金具を使って自分でDIYをしました。


(断然お得!!アーネストワン住宅 クローゼット棚受け)

アーネストワン建売住宅のクローゼットやパントリーには棚受けレーンがあるものの棚板が付いていません。オプション販売で購入できますが、これが高い!!そこでアルミフレームとパイプを組み合わせて自分でハンガーパイプ付き棚板をDIYしました。製作費用は純正品の1/3という超お得DIYです。


またこの金具の余りを他の人にお譲りしたところ、色んな方から声を掛けてもらい

皆さん同じ悩みだったんだと感じました。

そしてせっかく声を掛けてもらったので、出来る限りお手伝いをさせてもらっています。

お譲りした方には初めてDIYする方や道具をお持ちでない方などもいらっしゃるので、

板の選定や加工方法など必要であれば個別にお応えしています。

そんな皆さんからこの金具を使った感想や出来上がった棚の写真をいただいたので

ここで紹介したいと思います。

九州をはじめ、中国、関西、中部、関東、東北など様々な地域の方に使っていただき、

アーネストワンの住宅であればこの金具はどこでも使えるかもしれません。

色んな使い方や金具の使い勝手、棚にしたときの仕上がり感など実際に使った感想や

アイデアを聞くことができて大変参考になりますよ。




2. アーネストワン クローゼット棚 DIY集

ここでは実際にDIYされた方の感想やできた棚を紹介していきます。

金具は全て同じもので棚板やパイプ有無が異なりますが、

皆さんそれぞれ自分に合った棚を作られています。

DIYすることでクローゼットが整理できた、達成感が得られたなどの声を聞くと

嬉しくなりますが、それ以上に家族が喜んだということが一番うれしいですね。

微力ですが、同じアーネストワン住宅に住むご家族に喜んでもらえるお手伝いが

出来る事が何よりの幸いです。

・Yさん (鹿児島県)

Yさんはメルカリを通してご相談がありました。

棚板の加工や取付は旦那さんが行われたそうです。

クローゼットの一番上の段に長い一枚物の板を使って3本の棚受け金具で

受ける方法は良いアイデアですね。

パイプも自分で取り付けられており、これでクローゼットの中はスッキリですね。


(Yさんの感想)

1番上の段はセパレートしません。

棚受け節約のため、棚材を切らずに3本で持たせてます。

棚材を棚受けと取り付ける際、棚受けの穴に余裕があったので、

はめ込むときに微調整できるのが良かったです。

純正品よりガタが出るかもと思ってましたが、

取り付けてみればまったく違和感はなかったです。

土台から作り直すつもりだったのですが、これだけしっかり取り付けられる棚受けを

紹介、譲っていただき助かりました(^^)


・Oさん (静岡県)

Oさんからはブログを通してご連絡いただきました。

ちょうど引越しする直前で入居してすぐに取付けられたそうです。

こちらの感想からヒントを得て、より分かり易くするため取付作業の動画を作成しました。

このような貴重な意見を貰えると、この後作業する方へのアドバイスにとても役に立ちます。

ちなみに奥さんがほとんど加工をされたそうで、DIY女子になられるかもしれませんね。


(Oさんの感想)

初めての本格的なDIYでしたが、苦労もひとしお、達成感がありますね。

木材は大枠をカットしてもらい、残りはホームセンターの工作室を借りて、

ノコギリでのカットとネジ穴空けを行いました。

苦労したのは、棚受けがなかなか上手く穴に入らなくて何度も微調整した点です。

先に板を固定してしまったため、苦労したのですが、後半は仮止め状態にして、

調整しながら取り付けたので、作業性は改善しました。

こうやって試行錯誤しながら技術が向上するのも楽しいです。



・Aさん (岐阜県)

Aさんはメルカリを通じてご連絡いただきました。

金具だけでなく、パイプハンガーも一緒に取付けられました。

当初、DIYする時間が取れそうになく完成に時間がかかりそうというお話でしたが、

器用な方だったのであっという間に作られました。


(Aさんの感想)

この商品のお陰で数十万というお金が節約出来ました。

作製も図面を戴けたので採寸する必要もなく、とても簡単に組み立てができました。

計7組作るのに素人の私でも4時間程度で完成出来ました。

購入当初は作製する時間もなく完成期間を1か月みて欲しいとお願いしていましたが、

驚くほど簡単に出来てしまい自分でもビックリしています。


・Bさん (福岡県)

Bさんはメルカリを通じてご連絡いただきました。

Bさんの作られた棚を初めて見た時、あれっ、全部純正品??っという感じでした。

棚板に純正品と同じ色のペンキを塗ることで見た目がほとんど同じ棚になっています。

仕上がりがとてもキレイで統一感も合って凄く良いクローゼットになっています。

多分、私なんかよりDIYがお上手なんでしょうね(苦笑)


(Bさんの感想)

左下のみアーネストワンで購入したものですが、左上と右2段はこちらで購入させて

頂き作ったものです。

棚はペンキで塗りましたので純正品とほとんど変わらないものができ、

費用も安く済ませることができましたので感謝しております。

また作り方もとても分かりやすかったです。

この度はありがとうございました。


・Aさん (大阪府)

Aさんはメルカリを通じてご連絡いただきました。

特にDIYが得意な方ではありませんが、簡単に取り付けできたそうです。

普段DIYになじみがない方は不安に思われるかもしれませんが、

金具と一緒に棚板図面を送付していますので、ホームセンターで簡単に加工できます。


(Aさんの感想)

アーネストワンの建売を購入しましたが、クローゼットの棚が付いていませんでした。

純正品を買うとまぁまぁなお値段・・・

メルカリで検索してこの商品を見つけた時はすぐに飛びつきました!

普通の主婦ですが、御丁寧に説明書をつけて下さったおかげで

簡単に取り付けることができました。

棚ですが某ホームセンターで購入。

棚1000円ちょっと+カット代30円ほど。

純正品より半値ほど抑えられて満足です。


・Aさん (愛知県)

Aさんはラクマを通じてご連絡いただきました。

こちらの御自宅には玄関の棚にも同じ棚受けレーンが使われており、

そちらに棚を作りたいというご相談でした。

奥行きが浅く標準サイズ(全長340mm)の金具では収まりきれなかったので、

全長が230mmのコンパクトサイズを利用されています。


(感想はいただいていません)


・Sさん (千葉県)

Sさんはメルカリを通じてご連絡いただきました。

以前からお困りのようで色々試されたようですが、上手くいかず声を掛けてもらいました。

お子さんが出来たり何かと忙しい時期でしたがキレイな棚を作られています。

レーン配置が異なっていても金具自体は同じ物が使えそうですね。


(Sさんの感想)

今まで純正の棚柱に合う棚受け金具が見付からず、ラブリコなどを使い、柱を立てて、

棚を作成していましたが、天井の強度の問題で何度も倒れてしまいました。

困って検索し、フレームdiyラボ様の作例を拝見し、注文させて頂きました。

拙宅の棚柱は360mm程の物もありましたので、頂いた図面を参考に、寸法を図り、

棚板をパイン集成材で作成しました。妻に急かされ、塗装等は出来ませんでした。(TT)

棚受け金具は頑丈で重量物を載せても大丈夫です。

高い純正の棚を買わずに済み大変助かりました。

アーネストワンの住宅に住み始めて一年弱ようやく棚問題から開放されました。


・Mさん (静岡県)

Mさんからはブログから直接お問い合わせを戴きました。

元々は突っ張り棒で作られていたようですが、外れやすくあまり服を掛けることが

できなかったそうです。

この方は普段からDIYをされる方だったので8枚の棚を半日で全て完成されたようです。


(Mさんの感想 メールの引用)

昨日無事にセットの方が届きまして、私の方も棚板加工を行い、

無事にクローゼット及び二階の収納の棚が完成致しました。

参考にいただいた図面のお陰で穴明位置もすぐにわかり、大変助かりました。

普通に購入するよりもかなりお安く作ることが出来たのでありがたいです。

今まで突っ張り棒を使って上着をかけていたのですが重量に耐えられずに困っていました。

突っ張り棒だと二部屋分のクローゼットを使用しないと収まらなかった衣類が

一部屋のクローゼットで収納できました。

また、棚が必要になったさいにはご相談させていただきたいと思います。


・Mさん (千葉県)

Mさんはメルカリを通じてご連絡いただきました。

女性の方でDIY自体は普段されない方ですが、積極的にチャレンジされました。

とても活動的な方でキャンプや自転車など色んな趣味を持たれています。

これを機にDIYにも興味を持ってもらい、マイホームを自分流にアレンジして欲しいですね。


素人の私で、最初は板を切り穴を開けての作業悪戦苦闘でしたが、

20組作るうちに私なりの工夫を加え、時にヤスリをかけすぎて腕があがらないという

経験をしながら、楽しく作ることができました。

部品が届いた時に、ギョッとしたパイプ付きの棚受も、いろいろ作る過程で

自然に仕組みがわかるようにようになりました。

買えば簡単ですが、作ることを楽しめました。





3. さいごに

アーネストワンに住む皆さんが作られたクローゼットの棚は如何だったでしょうか?

いずれも普段から見せるためのDIYをされている方ではなく、

自分の生活を豊かにするためにDIYをされた方ばかりです。

中には初めてDIYされた人もいらっしゃいます。

DIYと聞くと手が器用で工具に詳しく、慣れた方が行うように思われるかもしれませんが、

そんなことはありません。

せっかく手に入れたマイホームなので少しずつ簡単なDIYから始めて自分の満足いくものを

お金をかけずに作ってみては如何でしょうか?

こちらのページではこれからも色んな事例を紹介していきます。

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

これまでアーネストワン住宅で行ってきたDIYはこちらからご覧いただけます。


(野地板とアルミパイプで目隠しフェンス)

野地板とアルミパイプを使って高さ1.8m、幅8mの目隠しフェンスをDIYしました。独立基礎を作ってそこにアルミパイプを建てて塗装した野地板を貼り付けます。板の貼り方を工夫したことで目線が隠れて風が抜けるフェンスとなっています。しかも製作費用はナント5万円以下で業者に依頼するより大変お得ですよ。

(超簡単、8mのウッド仕切りフェンス)

住宅間を仕切るフェンスをアルミパイプと野地板でDIYしました。基礎から作り、8mのフェンスが2~3日で作れる簡単なもので費用も2万円以下と超お得です。ウッドフェンスなので雰囲気もあり、鉢を掛けてもよく似合います。長距離のフェンスが必要な場合や初めてフェンス作りに挑戦する人にはオススメです。

(アルミで簡単!玄関アプローチフェンス)

住宅間仕切るフェンスをアルミパイプと100均を使ってDIYしました。玄関へのアプローチフェンスなのでウェルカムボードや飾り付けが自由に取り付けられます。季節や年月に応じて自分でアレンジできて、メッシュフェンスにすることも出来ます。特別な工具も必要なく誰でも簡単に作ることができます。

(洗面室にコンパクトな収納棚)

アーネストワン建売住宅の洗面室には家族4人分の着替えや洗剤などを置く収納場所がありません。そこで洗濯機の上やちょっとしたスペースを有効的に利用できる収納棚を作りました。市販品の棚では無駄なスペースが出来ますが、自分で設計して作ればピッタリです。しかも100均を利用して費用も抑えました。

(クローゼットを自由にアレンジ!収納ハンガーラック)

アーネストワン建売住宅の寝室にあるクローゼットは広いものの棚やハンガーラックはありません。そこでアルミパイプで自由にアレンジできる収納ラックをDIYしました。アルミパイプを床と天井で突っ張って固定し、色んな収納棚やックを自由自在に作ることができます。

(突っ張り棒を使わない目隠しカーテン) 

突っ張り棒を使わずに外れない目隠しカーテンを洗面室にDIYしました。アルミパイプを使えば簡単にしかも強力なカーテンをどこでも作ることができます。パイプ径もφ28mmと細いため場所を取らず見た目もシンプルです。使う工具も六角レンチ程度で1時間程度で作れる簡単DIYとなっています。

(雨避け屋根がある自転車置き場を簡単DIY)

アーネストワン建売住宅には軒がほとんどないので雨よけする場所がありません。そのため外に置いてる自転車や道具が雨に濡れてしまいます。そこでアルミパイプを使った屋根のある自転車置き場をDIYしました。8×1.8×2.5mと大きな置き場ですが、5万円ほどで作れます。しかも補強や基礎をしっかりすることで大型台風が直撃しても壊れませんでした。

(断然お得!!アーネストワン住宅 クローゼット棚受け)

アーネストワン建売住宅のクローゼットやパントリーには棚受けレーンがあるものの棚板が付いていません。オプション販売で購入できますが、これが高い!!そこでアルミフレームとパイプを組み合わせて自分でハンガーパイプ付き棚板をDIYしました。製作費用は純正品の1/3という超お得DIYです。




アルミフレームやパイプを使ったDIYを一緒にしてみませんか?

 DIYする時間や工具がない

 普段DIYをしないので自信がない

そんな方にも安心で手間がかからず欲しい物が手に入る共同DIYです。

まず設計や構想は御自分で考えて欲しいものをイメージしてください。

もし自分で加工から組み立てまでされる方は必要に応じてアドバイスを致しますし、

手間な部品手配や加工をしたくない方はこちらで実施して組み立てる状態の部品を

お送りすることもできます。

サポートやアドバイスは無料で実施しているためできる事、できない事があります。

詳しいサポート内容や進め方はこちらで説明しています。

Link Your Design

またこれまでのサポート事例はこちら。

 サポート事例集


スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense2