キッチン壁収納をアルミフレームでDIY(構想)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


1. はじめに

今回は実家のキッチンをDIYします。

実家はガスコンロで元々スペースがありません。

ガスコンロと壁との間や約60mmと狭く、

そのままでは何も置けません。

壁も耐火用でそこに棚受けやフレームを

直接取り付けることもできません。

普通だとDIYが困難そうなこんな場所こそ

アルミフレームが活きる!

ここに壁掛けを作って鍋やフライパンを掛けて、

ちょっとした調味料を置けるようにしてみます。




2. アルミフレームの特徴

今回のDIYではアルミフレームの次の特徴が

上手く利用できます。

・アルミは不燃物で燃えない

 アルミは金属なので燃えません。

 そのため油が跳ねたり火が飛んだりしても

 火災の心配はありません。

 他の材料にも可燃物は使いません。

・省スペースながら強度が高い

 20mm角のアルミフレームを使用しますが、

 キッチンなどの狭スペースな場所でも

 高い強度で組むことが出来ます。

・汚れが簡単に落とせる

 油汚れが付着しても食器用洗剤で洗えば

 キレイに元通りになります。

アルミはキッチンのシンクにも使われるので

なじみやすいと思います。

まさにアルミフレームはキッチン向きかも

しれませんね。

3. キッチン収納の構想

今回の棚収納のポイントは以下の3つ。

 ・フライパンや鍋を掛けられる

 ・調味料やオタマなど掛けられる

 ・ちょっとした台がある

コンロと壁との間が60mmしかないため、

高さを利用してこれを作りましょう。

コンロ正面の壁にはフライパンや鍋を

掛けて、コンロ右側の壁にはその他の

物を収納できるようにします。

ただし大きな問題があります。

それはアルミフレームの固定です。

先にも述べましたが、直接壁にフレームを

固定することができません。

フライパンや鍋を掛けるとそれなりに荷重も

かかるので不安定なものはNGです。

スペースがないのでBOX形状を組むことも

できません。

皆さんだったらどうします??

4. 突っ張りフレーム登場!

 この問題を解決するのが突っ張りフレーム!

(これは私が勝手に呼んでるだけで正式名では

 ありません笑 )

突っ張り棒と同じようにフレームを突っ張って

固定する方法です。

コンロ正面はコンロ台と換気扇の間の縦方向に

フレームを突っ張って柱を立てましょう。

コンロ右側は上下方向に突っ張れないので

木枠を利用して左右に突っ張ります。

この木枠は右壁から10mmほど出ています。

その部分にフレームを突っ張ります。

 「これだけで本当に固定できるの!?」

そんな風に見えるかもしれませんね。

私も市販の突っ張り棒を使っていますが、

よく緩んで外れてしまいます。

しかし、そこはアルミフレーム!

そこにはいくつか工夫があります。

①突っ張り+組構造による荷重分散

普通、突っ張り棒は単体で使用することが

多く、あまり棒どうしを連結できません。

しかしフレームの場合、突っ張った複数の

フレームを連結して構造体にできます。

そのため重い物を掛けても、その重さが

全ての突っ張り部分に分散されるため

より外れにくくなります。

②転倒防止の足が付けられる

重さを掛ける場所が決まっていれば、

突っ張りが外れて倒れる方向も決まります。

普通の突っ張り棒は図のような矢印方向に

重さを加えた時、一度ずれてしまうと

すぐに突っ張りが外れてしまいます。

普通の突っ張り

しかし倒れる方向に足を設けていれば、

引っ掛りができて倒れにくくなります。

突っ張りフレーム

③耐震ゴムやすべり止めゴムが使える

フレームの突っ張りは後述しますが、

面で突っ張ります。

そのため接触面積が広く取れるので

そこに耐震ゴムや滑り止めゴムを挟めば、

より抵抗が効いて外れにくくなります。

完成品を見るとしっかり固定されており、

倒れる様子はありません。

圧力鍋を掛けても全然大丈夫。

普通の突っ張り棒よりもはるかに高い強度で

取付けることが出来ると思います。

5. 100均の金折隅金を応用

ポイントとなる突っ張りフレームは100均の

金折隅金を利用します。

この金折隅金はサイズがいくつかあるので、

用途に合わせて使い分けることができます。

取付方は超簡単。

フレームに専用ナットを入れて、ボルトを

金折隅金の穴に入れて固定するだけです。

ここでフレームの位置調整が利用できます。

フレームは溝の専用ナットを自由に動かせるため

この金折隅金位置をずらすことができます。

そのため金折隅金を付けたフレームを設置して、

金折隅金位置をずらして押し付ければ

突っ張りフレームの完成です。

しかもフレームには全ての四面に溝が加工されて

いるので、金折隅金を全ての面に取付可能。

転倒方向を考慮して転倒防止になるように

取付けられます。

この金折隅金の幅はちょうど20mmなので、

フレームからはみ出ずピッタリです

押し付け面は20mm×長さ分となり、

接触面積を広く取ることができます。

この辺りも便利なところです。

6. さいごに

今回の記事は構想やポイント説明で次回の

記事で実際の作っている様子を紹介します。

普段、アルミフレームを身近で見る機会は

少ないですが、家庭DIYに適している点は

数多くあります。

それと構造が簡単でボルトを締めるだけで

固定できるため、100均の部品が多く

利用できます。

100均との互換性が優れている点も

家庭DIYに向いていると思います。

使い方も簡単で誰でも組むことが出来ますので、

みなさんもチャレンジしてみてください。

=====================

(関連記事)

 「キッチン壁収納をDIY(製作

=====================

(他の製作品はこちらから)

 アルト車中泊用ベッド、ロードバイク車庫、

 サンルーム、テラス屋根、脱衣所の棚など。

 製作集」

=====================

・「脱衣所にコンパクトな収納棚

階段下に可動式収納棚

・「3万円台で作れるテラス屋根

・「部屋干しがすぐに乾く回転式乾燥スタンド

=====================

————————–

今までアルミフレームを使ったことがなく、

初めて挑戦したい方にお助けアドバイスを

無料で実施していますので、

御質問、御相談等はお気軽に連絡下さい。

相談者の声もありますよ。

Link Your Design

————————–

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする