フレームで自作、快適モビリオ車中泊ベッド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

アルミフレームを使ってモビリオで

快適に車中泊でくるフラットベッドを

自作DIYしています。

モビリオは座席を倒してもフラットでなく、

凹凸がひどくてそのままでは寝れません。

これをアルミフレームで無事解決!

セミダブルマットが敷ける広さを確保。

ここではそんなフラットベッドの

製作過程を紹介しています。

モビリオよりも車内が狭いスズキアルトの

車中泊フラットベッドをアルミフレームで

製作した記事もありますので、

併せてご覧ください。

===================

(参考記事)

アルト車中泊用フラットベッド製作

===================




1. はじめに

モビリオはシートを倒してもフラットに

ならないためそのまま寝ることはできません。

シートにクッションや布団を敷き詰めれば

寝れないことはありませんが、

正直背中が痛くなって快適ではありません。

そこでアルミフレームで枠を作りその上に

板を載せてベッドを造ることを考えました。

そうすれば全てのシートが同一面に

することができるからです。

アルミフレームとはアルミの角材のことで

サイズも豊富でブラケットと呼ばれる連結部品で

簡単に組み立てることができる材料です。

しかも細くて強度があるため車中DIYにぴったり。

とても便利な材料なのでDIYに興味がある方は

是非、ご覧ください。

=======================

(参考記事)

 家庭DIYで便利なアルミフレーム

 アルミフレームの種類

 アルミフレームの強度

 アルミフレームの組立方法

=======================

こちらが完成したフラットベッドです。

セミダブル低反発マットを敷いています。

大人二人でも寝れるほどのスペースが

確保できました。

最高です、この広さ!

小学生二人と大人一人で寝ても十分に足を

伸ばして寝ることができました。

しかし作りながらこうすれば良かったと

反省する点もいくつかありました。

そこで製作して感じた良い点や悪い点、

改善点などを振り返ってみましょう。

2. 改善点

1. ベッド組立てに手間がかかる

今回の設計は最大限に車内スペースを

確保することを重点に置きました。

そのため運転席をそのままにしてベッドを

使用することは出来ません。

一度、運転席と助手席を倒してフレームを

設置して、下板を置く必要があります。

ベッド組立て前の様子

ベッド組立て後の様子

そのためベッドを使用する際には15分ほど

手間がかかってしまいます。

運転時は1,2列目の下板を外して後部座席に

載せて、フレームは2列目と3列目シートの

隙間に収納します。

フレーム収納の様子

荷物は十分載せれますが下板が大きいため

後部席に人を載せることができません。

下板を分割して3列目に全て載せれば

2列目シートは使用できます。

しかし下板の強度が低下するため

補強を追加する必要がでます。

しかも組立て時間も増えてしまいます。

現状でベッド組立てに約15分程度ですが、

フレームが増えると30分ほどかかりそう・・・

そこで今後は運転席と助手席はそのままで

ベッドにできるようにしたいと思います。

単純にベッドを2列目までに抑えます。

長手方向は短くなりますが、現状でも

かなり余裕があるので私の身長であれば

2列目までで充分です。

しかもこれで車中泊に行くのは私と次男の

2人なのでスペースも必要ありません。

2. 木くず

下板に構造用合板を使用しましたが、

きれいに掃除しても木くずがでます。

表面がきちんと加工されて木くずが

出にくい合板がいいと思います。

3. 良かった点

1. 広い空間、完全なフラット化

設計で最も重点を置いたポイントで、

十分達成できたと思います。

従来のモビリオは幅が狭くなった3列目が

最もフラットで幅が広い1列目に

きつい傾きがありました。

寝るときは上半身を狭い3列目に置くので

横幅が窮屈で寝づらい感じがしてました。

完全フラットになったことでこれからは

幅広い1列目に上半身に置けます。

 

2. ベッドの安定感がある

下板をフレームに固定したため全ての

フレームが一体化できました。

そのためベッドのような安定感があり

フラフラすることが全くありません。

下板を含め全て部品の結合にボルトと

ナットを使用したことが良かったです。

4. 使用部品、費用、作業時間

使用した部品とその数量をまとめました。

フレームは16mとなっていますが、

正確には12m程度です。

フレームの購入サイズは最大4mなので、

そこから必要な長さを切り出します。

かかった費用は約15,000円です。

ただコストダウンする方法もあります。

それを使えば10,000円前後まで

安くできると思います。

コストダウン方法はこちらの記事です。

===================

(参考記事)

アルミフレームのアクセサリ部品

アルミフレームで使える100均部品

===================

製作時間は1日しっかり時間が取れれば

実質2~3日で造れます。

私は週末仕事が結構入ってしまったので

時間が取れず長引いてしまいました。

フレーム造りなれしているためか、

あまり難しいとは感じませんでしたね。

元々器用でない私がそう感じるため、

すぐに誰でも作れると思います。

5. 最後に

さてモビリオのフラットベッド製作は

如何でしたでしょうか?

造り終えた感想として、車内のような複雑で

省スペースな場所こそフレーム向きです。

それだけの自由度と応用性がフレームには

備わっていると思います。

もし詳細な寸法やスケッチが欲しい場合は

お問い合わせよりご連絡ください。

分からない点や困った点などあれば気軽に

声をかけてくださいね。

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

**************************

(モビリオベッド 参考記事)

現状のフラットレベル

3列目フレーム設置

1,2列目フレーム設置

ベッドの下板を設置しました。

フラットベッドの完成です。

**************************

————————–

今までアルミフレームを使ったことがなく、

初めて挑戦したい方にお助けアドバイスを

無料で実施していますので、

御質問、御相談等はお気軽に連絡下さい。

Link Your Design

————————–

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする