アルミフレームで簡単自作!アルト車中泊ベッド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


久しぶりに車中泊用フラットベッドを

作製します。

以前に製作したのはホンダのモビリオです。

この車種は車内が広くて天井も高いため

車中泊向きの車です。

そこではセミダブルの布団を敷いてもまだ

余裕があるくらい広いフラットベッドが

作れました。

そのときの記事はこちらから。

====================

(参考記事) 

  「モビリオ車中泊用ベッド

====================




しかし今回の車はどちらかといえば、

車中泊に不向きな車です。

気になるその車種は・・・

  「 スズキ アルト 」

軽自動車の中でも最もコンパクトな

部類に入る車種です。

「こんなコンパクトカーで車中泊できるの?」

そんな考えの人は是非この記事を見てください。

アルトでも全然大丈夫です。

これで快適なフラットベッドが作れたら

他の大抵の車はいけるでしょう!

1. 製作品のきっかけ

この製作品は実は友人の依頼です。

しかもこの友人は県外に住んでいるので、

私が採寸したり組み立てたりできません。

つまり、彼が採寸やスケッチを行い、

それを見て私が設計、加工を担当して

最後は彼が組み立てます。

当然、この友人はアルミフレームをこれまで

扱ったことがなく初めてです。

そんな彼に組立てが本当に出来るのか?

安心して下さい! 

誰でも出来ますよ!

友人にも器用によく作れるねと言われますが、

組立てに器用さは全く必要ありません。

使う工具は六角レンチのみですから。

確かに設計したり部品選定にはコツや経験が

必要ですが、組立ては簡単にできます。

アルミフレームはこのような設計と組立てが

分かれた製作方法にとても適しているのです。

それをまずは具体的にご紹介します。

2. 組立てが簡単で技術不要

木工などの場合、いくら材料がカット

されていても、釘打ちや組立てに技術を

必要とします。

釘をまっすぐ打てなかったり、

直角に取り付けたはずが斜めになったり。

皆さんも一度は経験ありますよね。

出典 : 知恵袋

しかしアルミフレームの組立ては六角レンチで

ボルトを締め付けるだけなので加工ミスが

あまりありません。

さらに木工のように一発勝負でなく、何度も

繰り返し使用できるので何度でもトライできます。

====================

(参考記事)

   アルミフレームの組立て方法

====================

直角もブラケットが出してくれるので

ブラケットをフレームの溝にきちんと入れれば

おのずと直角になります。

むしろ斜めに付けたい場合に特別な部品を

必要とします。

しかもナット位置を固定しておけば

常に同じ場所に取り付けられます。

必要なときだけ組み立てて使用する

といったこともできるのです。

ナットを固定する部品は豊富なアクセサリの

ラインナップに入っているので簡単に

入手することができます。

主なアクセサリはこちらに紹介しています。

====================

(参考記事)

 「アルミフレームの便利なアクセサリ

====================

3. 輸送コストが安い

木工は作る技術を必要とするため

部品で郵送することはなく、

完成品で送ることがほとんどです。

この場合、かさばるため大型の物は

輸送コストが高くなり、取り扱いが悪いと

傷が入ったり壊れることもあります。

しかしアルミフレームは完成品を分解して

フレーム単体や部品のみで輸送するため、

かさばらずに低コストで送ることができます。

今回製作したアルト用フラットベッドは

長手方向で2mもありますが、

分解して梱包すると長さ1.2m、幅0.1m、

高さ0.1mと非常にコンパクトになります。

このように分解して輸送できるのは、

組立てが簡単で再現しやすいためです。

アルト 車中泊用フラットベッド 組立て品

アルト 車中泊用フラットベッド 梱包品

4. イメージ通りの設計が可能

アルミフレームで共同で何かを作る際に

最も難しいのが依頼側のイメージと作る側の

イメージをうまく合わせることです。

依頼側がきちんとした図面を書ければ

問題ありませんが、なかなかありません。

アルミフレームもここが弱点でした。

しかしこれを解決するツールがあります。

皆さんご存知3D CADです。

これがあるお陰で依頼側のスケッチを

3D CADで書いて立体的な構造で確認し、

その後、図面で寸法を確認すれば

互いのイメージがずれにくくなります。

====================

(参考記事)

   設計ツール 3D CAD

====================

今回のアルト車中泊用フラットベッドの

3D CADはこんな感じです。

色んな角度から見た3D CADはこちらの

記事で見ることができます。

====================

(関連記事)

アルト車中泊用フラットベッド 設計

====================

先に出てきた組立て品の見比べても一目で

同じものとわかりますね。

こんなちょっと複雑な形状でも色んな方向から

見ることでしっかりと確認することができます。

このような特長を持つアルミフレームは

DIYの分業化に最適です。

例えばアパートやマンションに住んでいる人は

工具を使ったDIYがあまりできません。

しかし欲しい物をイメージすること

部品を組み立てることは十分可能です。

その途中のプロセスである加工さえ外部に

分業出来れば、色んな物が自由に作れます。

まさに今回の製作はこれを具現化した物です。

本当にお互いのイメージが合うのか、

初めてでも組立てきちんと組立てられるのか、

フラットベッドは完成できるのか、

そんなプロセスも見てもらえると嬉しいデス。

====================

(関連記事)

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 設計

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 加工

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 梱包

スズキ アルト車中泊用フラットベッド 完成

====================

————————–

これまでアルミフレームを使ったことがなく、

初めて挑戦したい方にはお助けサポートも

行っていますので、気軽に御連絡ください。

Link Your Design

————————–

スポンサーリンク
adsense2
adsense2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adsense2