プリウス車中泊 を楽しもう!!アルミフレームを使って快適なフルフラットベットを自作DIY!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1. はじめに

プリウス車中泊 を快適にしたい!

そのように思われる方は多いと思います。

便利な車中泊キットやフラットベッドなど

あまり販売されてはいません。

元々、車中泊するシーンは想定されていない

車種だと思います。

では車中泊ができないかというと

そのようなわけではありません。

快適な車中泊にはフラットベッドが必要で

これを作る必要があります。

普段DIYをしない人はハードルが高いと

感じるかもしれませんが、

そんな事はありません。

実際にこの車中泊ベッドはDIY初心者の方が

初めて作られたものです。

普段全くDIYしない人が作ったものには

見えませんよね。

そこでこの記事ではこの車中泊ベッドを

どのようにして作ったかを紹介します。

「プリウス車中泊 を快適にしたい!」

そのような考えの方はぜひご覧ください。

2. DIYは1人作業じゃない

このプリウス車中泊ベッドをDIYされたのは

神奈川県在住のKさんです。

KさんはフレームDIYラボが行っている

オンライン共同DIYサービスを使って

この車中泊ベット作られました。

ここではアルミフレームやアルミパイプを

使ったDIYを紹介していますが、

LINK YOUR DESIGNという

オンライン共同DIYも行なっています。

これはアルミフレームやパイプのDIY

一緒に協力しながら行う活動です。

アルミフレームやパイプはとても便利な材料で

木材にはない優れた特性がありますが、

普段身近にないため使い方がわからない

という欠点があります。

そこでアルミフレームやパイプの使い方や選定、

設計などをアドバイスしながら初めての人でも

安心してDIYできるようにするものです。

これまでの共同DIY事例はこちらで見れます。


(共同DIYサポート事例集)

アルミパイプやアルミフレームを使ってみたいという方とオンラインで一緒にDIYを行っています。これらの材料はとても便利ですが入手性の悪さからあまり知られていません。そのため部品選定や使い方、加工、組立方法など初めての人はわかりにくいです。そこでオンラインDIYでは誰もが扱えるようにサポートしています。


こちらはKさんからいただいた相談メールです。


はじめまして。

プリウスαの車中泊ベッドの組み立てを

アルミフレームで組み立ててみようかと思い

貴Webサイトを鑑賞しております。

DIYは初めてで不器用を自称するものですが、

初心者でもできそうと思い

部品発注をお願い致します。

これを機会にアルミフレームのDIYに

挑戦したいと思っております。


Kさんのように初めてDIYに挑戦したいという

相談も多くいただきます。

アルミフレームやパイプは技術や経験を

あまり必要としないので適した材料です。

以前プリウスの車中泊ベッドを作りましたが、

その記事を読まれてご連絡いただきました。


(プリウスα車中泊ベッドDIYで驚きのスペース!)

アルミフレームを使ってプリウスαに車中泊ベッドをDIYしました。運転席はそのままに残りのシートを全てフルフラットベッドにしています。かなりのスペースが確保できて大人二人でも十分寝れます。さらに助手席は2.5mほどのスペースもあり、サーフボードなども積み込めます。


車中泊ベットの相談は最も多く、

様々な車種で30台以上のベットを作りました。


(アルミフレームやG-funを使った車中泊ベッド まとめ)

車中泊ではベッドが重要で特に凹凸があるとぐっすり眠れません。そんな場合は車中泊ベッドを自作するのがオススメ!ここでは車中泊ベッドを作るポイントを説明しており、初めてDIYする人でも失敗しない作り方を実績を踏まえて紹介しています。誰でも車中泊ベッドを作ることができますよ。


Kさんの車種も同じ形であったので

その時の車中泊ベッドを再設計します。

またKさんは初めてDIYをされるので

安心して作れるようにサポートします。

3. プリウス車中泊 ベットDIY

3.1 プリウス車中泊 ベットDIY材料

使用する材料はアルミフレームです。

アルミフレームは企業や工場などでは

一般的によく使われる材料ですが、

家庭DIYで見ることはあまりありません。

金属のアルミで出来ており錆びずに

強度もあるため使い勝手の良い材料です。


(アルミフレームの種類)

 アルミフレームは断面サイズで分類されており、(15×15mm)から(100×100mm)まで幅広いラインナップとなっています。断面形状も正方形だけでなく、長方形もあります。そのため用途に応じて使い分けが可能で、例えばカーポートから小さな棚まで幅広いDIYに適応できます。


フレームサイズは30mmを使用します。

以前はフレームサイズを20mmにしましたが、

大人2人が乗るので30mmサイズを使います。

アルミフレームは用途や必要強度に合わせて

サイズを自由に選べます。

ベット板はホームセンターから購入します。

メーカで購入するより安価で種類が豊富です。

共同DIYではお互いできることを協力しあって

進めています。

3.2 プリウス車中泊 ベットDIY設計

アルミフレームを使ってDIYする場合、

専用の3D CADソフトが利用できます。

このソフトはメーカから無料で提供されており、

誰でも自由に利用することができます。

インストール方法や簡単な使い方は

こちらの記事で紹介しています。


アルミフレームの3D CAD設計)

 アルミフレームやアルミパイプには専用の3D CADが無料で提供されています。そのためこれを使えば作る前に色んな角度から見ることが可能となり、設計ミスが少なくなります。さらに部品の長さや種類、数なども自動で計算してくれるので部品手配ミスや加工ミスも低減することができます。


こちらがプリウス車中泊ベットの設計図です。

Kさんに車内寸法やスペースを計測して

もらいながら2人で考えました。

アルミフレームでベット枠組みを作り、

その上にベッド板材をボルトで固定します。

またベットの高さを調整できるように

ベット足にアジャスターを取り付けます。

車中泊ベットを作る際のポイントは

フレームと車体の間に隙間を作る事です。

よく車内寸法にピッタリ作ろうとしますが、

組み立てられない事がよくあります。

フレームと車体に隙間を作る代わりに

フレームの上に載せるベッド板材を

車内寸法ピッタリにしています。

板材であれば切断する事でを調整できます。

このような設計は普段DIYしない人にとって

あまりなじみがないかもしれませんが、

お互い協力しあうことで可能となります。

設計が終わればメーカに見積もり依頼をして

部材の手配を行います。

3.3 プリウス車中泊 ベットDIY組立

設計が終われば部品を手配します。

事前にCADで設計しておけばメーカーで

指定の長さにフレームをカットします。

そのため部品を組み立てるだけで作れます。

しかも大量の材料でも送料無料で自宅まで

メーカーが送ってくれるので有難いです。

フレームだけではなく板材を固定するボルトや

ナットなど細かな部品も一緒に手配します。

この車中泊ベットでKさんが準備する材料は

ベット板のみです。

組立作業は六角レンチで行います。

ボルトを締める作業で仮に間違えても

緩めてやり直すことができます。

何度でもトライできて初心者でも安心です。


(アルミフレームの組立て方法)

 アルミフレームやアルミパイプの組立ては六角ボルトを締めこむだけの簡単作業です。六角レンチ1本あれば全てを組み立てることができます。ウチの小学2年生の子供でもこの通り。誰が作っても同じように組みあがるので技術が要らず、初めての方やDIYしない人も安心して利用できます。


フレームは指定長さに加工されているので、

車内で組み立てればベットが完成します。

ただKさんは初めてアルミフレームを使うので

材料見ただけで組み立てるのは困難です。

そこで組図を作ってお渡ししたり、

参考動画をこちらで用意しています。

個別部品の使い方を動画で用意しているので

事前に作業イメージを作れます。

車内で組み立てた様子がこちらです。

初めてアルミフレームを使いましたが

設計通りに組み立てできました。

アルミフレームの組立作業は六角レンチで

ボルトを締めるだけなのでとても簡単です。

アルミフレームの便利な点は

車内で1本1本組み立てられるところです。

このサイズのベッド枠を外で組み立て、

それを車内に設置しようとしても入りません。

そのため木材でこのサイズのベットを作るのは

難しいと思います。

最後にフレームの上に板を固定して完成です。

完全なフルフラットベッドとなっていて

とても快適に寝ることができそうです。

また車中泊以外でも荷物を載せれて便利です。

Kさんもこの仕上がりに満足されており

ご家族も大変驚かれたそうです。

普段DIYをしない人から見ると

とても特別なものに見えますが、

サポートがあれば十分作る事ができます。

Kさんにはこれから楽しい車中泊ライフを

送っていただきたいですね。

4. さいごに

DIY初心者の方とプリウスの車中泊ベッドを

制作しましたが如何だったでしょうか?

このようなベッドは市販品にほとんどなく

自分で作るしか方法がありません。

ただ普段DIYしない人にとっては

少しハードルが高く見えるかもしれません。

しかしオンライン共同DIYを利用することで

誰でも自分だけの車中泊ベットが作れます。

設計や部材手配だけでなく、組立時にも

必要に応じてサポートしているので

DIY初心者の方でも安心して作れます。

アルミフレームやパイプは便利な材料なので

よかったら皆さん使ってみてください。


アルミフレームやパイプを使ったDIYを

一緒にしてみませんか?

 DIYする時間や工具がない

 普段DIYをしないので自信がない

そんな方にも安心で手間がかからず

欲しい物が手に入るオンライン共同DIYです。

一人で考えるよりも複数人で考えた方が

よりいいアイデアも生まれます。

まず設計や構想は御自分で考えて

欲しいものをイメージしてください。

もし自分で加工から組み立てまでされる方は

必要に応じてアドバイスを致しますし、

手間な部品手配や加工をしたくない方は

こちらで設計して組み立てる状態の部品を

お送りすることもできます。

初めて使う材料で不安な方も安心して

チャレンジすることができますよ。

気に入った物が見つからない場合は

試してみては如何でしょうか?

詳しいサポート内容や進め方は

こちらで説明しています。

Link Your Design

これまでのサポート事例はこちら。

 「サポート事例集

より詳しくアルミフレームやアルミパイプを

知りたい方は動画で実物を使った説明や

DIYしている様子を見ることができます。

フレームキャンパス




他の車種の車中泊ベッド記事です。


(ダイハツムーブを全面車中泊ベッドにDIY)

ダイハツムーブで快適に車中泊できるフラットベッドをDIYしました。ハンドル以外全てフラットベッドになるため、2人で寝てもこの広さ!本来はシートの凹凸があって辛かった車中泊が快適に過ごせます。走行時はヘッドを後部座席に分解収納できて、5分もあればベッドが作れる便利な構造となっていますよ。

(ステップワゴンで快適車中泊!全面フラットベッドをDIY)

アルミフレームを使ってステップワゴンの後部座席に全面フラットベッドをDIYしました。元々シート間などに段差がありクッションで埋めていましたが、このベッドを自作してから快適さが違います!しかも簡単に後部座席を起こすこともできるので子供を載せて親子旅が楽しめますよ。

(アルミフレームやG-funを使った車中泊ベッド まとめ)

車中泊ではベッドが重要で特に凹凸があるとぐっすり眠れません。そんな場合は車中泊ベッドを自作するのがオススメ!ここでは車中泊ベッドを作るポイントを説明しており、初めてDIYする人でも失敗しない作り方を実績を踏まえて紹介しています。誰でも車中泊ベッドを作ることができますよ。

(キャンプデスクにも利用可能!ステップワゴン車中泊ベッド)

ステップワゴンにテーブル付き車中泊ベッドをアルミパイプを使ってDIYしました。このテーブルは簡単に外すことができて、キャンプのデスクとしても利用できます。ベッドの高さはアジャスターで調整することができるので段差がある車内でも快適に過ごすことができます。

(4人家族で楽しむ!アルファード車中泊用2段ベッドをDIY)

家族4人で楽しめるアルファード車中泊用2段ベッドをアルミパイプを使って共同DIYしました。子供2人が上段、両親が下段で寝ることができます。走行中は3列目シートにベッドを収納して就寝するときに組立てられるように作りました。これから家族で楽しい思い出を作って欲しいですね。


スポンサーリンク
adsense2